復習の質を高める | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2016年 5月 16日 復習の質を高める

こんにちは。
町田校、担任助手3年の谷井です。

ようやく暖かくなってきましたね。
「1年中こんな陽気だったらいいのに……」なんて思ってしまいます。

――ちなみに、気象庁によれば今夏はラニーニャ現象が発生する可能性があるようですよ。
また暑くなりそうです……。

 

さて、昨日町田校では『難関大・有名大本番レベル模試』を実施しました。
2016年度としては最初の記述模試でしたね。受験生のみなさんはどのような印象だったでしょうか?
まずはキチンと復習をしていきましょう。

記述式の問題がマーク式の問題と異なるところは

解答にあたっての論理を、自分で組立てなくてはならない点

にあると僕は考えています。
ここでいう「解答にあたっての論理」は、単なる「論理的な解答」よりも高次に存在するものだと捉えてください。

毎年この時期に記述模試の復習をする受験生の様子を見ていると、「模範解答と自分の解答の比較」が多いように思います。
非常に大切な作業です。
要求されている「論理的な解答」の形態を知り、必要に応じてそれに倣った解答作成をすることは十分に得点力の強化に繋がりますから。

――ただ、それだけで終わってほしくはないのです。

確かに、模範解答に内包される論理を知っていれば「その問題については」満点を取ることが可能です。
しかしながら、これだけで「初見の問題」への対応力は十分身につくでしょうか。

一般入試などにおける記述の問題において「過去と全く同じ問題が出題される」ということは稀です。
同一の文法事項に関する英文法の問題は異なる文を用いて出題されますし、数学のいわゆる「典型問題」も出題方法は多岐に渡ります。

「なんか似たやつは知ってるんだけど……」

そこから一歩踏み出して、その問題に対応した「論理的な解答」を導くために「解答にあたっての論理」が必要となります。

「初見の問題」にぶつかったとき、即座に「論理的な解答」を導けることは多くありません。
ほとんどの場合が、解答を導くまでに判断や検証を間にはさみます。
記述式の問題における「解答にあたっての論理」はこの段階において非常に重要となるのです。

マーク式の問題とは異なり、記述式の問題では解答案を全て自分の中から生み出さなくてはなりません。

必要となる知識の候補は何か。
それらの知識をどのように組み合わせればよいか。

試験中はこれらの判断がすべて自分に委ねられています。

知識自体はもちろんインプットされているとして、受験生はこれらの知識を論理的にアウトプットしなくてはなりません。
模試の復習では、この「論理的な解答」を導くために必要な過程である「解答にあたっての論理」に気を使ってください。

英語の文章中、この流れでこの多義語に最適な和訳はどう判断するか。
数学のこの模範解答の発想は何を根拠に生まれたのか。

入試本番で必要となるのは知識を運用するための論理的な思考力です。

ぜひ自分の学習に取り入れてみてくださいね。

 

さて、高校1・2生にお知らせです。
東進ハイスクール町田校では、6月18日(土)19時から英語科の大岩先生の特別公開授業を実施します。
年に数度の生授業、勉強に対するモチベーションアップ間違いなしです。
興味のある方はぜひコチラからお申込みください!
お待ちしています!!