実力は必要条件だが十分条件でない | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2017年 2月 13日 実力は必要条件だが十分条件でない

こんにちは。東進ハイスクール町田校の谷井です。
先週の東京は雪が舞ったりと、なんとも微妙な天気でした。
今週はスッキリと晴れてくれると嬉しいですね。

2月も中旬に入り、早慶といった難関私大の入試も本格化してきます。
国公立大学を含めて「もうすぐ第一志望の試験!」という人も多いかと思いますので、本日はそんな受験生に心構えを。

「絶対に合格してやる!」という気持ちで受験してきてください。

当たり前だと思うかもしれませんが、割と重要なことです。
別に虚勢を張ればどんな大学でも合格できると言っているわけではありません。
合格するのは、試験当日まで実力を伸ばすために正しく努力を積み上げてきた人です。

ただ、実力は必要条件の一つであって、十分条件ではありません。

「本番に弱い」と言われる人がいます。
実力はあるのに、失敗できない状況で極度に緊張してしまったり、自分の能力に自信を持てなくなる人です。
ここぞ!というところで素晴らしい力を発揮できないのは、なんとも悲しいことですね。

逆に「本番に強い」のはどのような人でしょうか。
少なくとも「自分は本番に弱い/本番で結果が出せない」とは考えていないと思います。

結果なんてものは誰にも予想することはできません。
しかしながら、本番に臨む本人が「できない」と思っていては、残念ながら実力は発揮できないでしょう。
「できる!」と信じて取り組むことができるか。
実力に加え、これも本番では大切な要素です。

では、どうすれば自信を持って本番に取り組むことができるでしょうか。
結局のところ、これはもう努力を積み上げるほかはありません。
自分の持ち時間すべて使って「合格できそうな勉強」を確実にやってください。

受験勉強は「すべきこと」が多く、たまに「なぜ今それを勉強するのか」見失うことがあります。
「これをやったら合格できそうだ」と実感を持てない勉強は、精神的な支えにはなってくれません。
本番で自信を持って戦うために、いま必要なことをしてください。

皆さんの健闘を祈っています。

さて、東進ハイスクール町田校では新年度特別招待講習を実施しています。
現在の学習の状況に基いて、一緒に「合格できそうな」学習計画を考えていきます。
「受験勉強を始めたいけど、何からすればいいか分からない!」
そんな人はぜひ、町田校でスタートを切りましょう。
実力講師陣の授業も2講座無料で体験することができます!

お申込みは下のバナーから!お待ちしています!