部活と勉強の両立とは!? | 東進ハイスクール町田校|東京都

2017年 5月 12日 部活と勉強の両立とは!?

こんにちは!


上智大学 理工学部 機能創造理工学科 2年目の 高橋雅史です。

 

僕は中学・高校と剣道部に所属していました。

また、大学でも体育会剣道部に所属しています。


昨日も稽古があったのですが、水分補給にキチンと気を配らなければならない季節ですね。

稽古後に、頭部につけているメンを外すときの達成感はやっぱりの方が強いですが、防具は汗でビショビショですね。

いつも身体を守ってくれる防具なので、「臭い」なんて言われないように、キチンと手入れしていつまでも使い続けたいです。

 


さて、みなさんは「部活との両立」について悩んでいませんか?

そんな部活をやっているみなさん、「多少は」安心してもらって大丈夫です。

 

もちろん、それなりの努力をしなければならないという前提の下ですが、いずれ、持ち前の集中力が活きて、学力が大巾に向上する時が来るかもしれません。

 

そして、ここで考えてほしいのが、強いチームってどんなチームか?ということです。

 

 

少し考えてみて下さい。

 

 

僕が高校の時から思っていた、強いチームの共通事項はこれでした。(僕なりの意見なので、過不足があるかもしれません。)


0.時間を守れる
1.自主練をやる
2.基本事項を無意識に使いこなせるようにしている
3.合間合間を大切にしている 
4.練習試合・公式戦に向けて調整ができる
5.仲が良くお互いに高め合っている
(6.大きな声を出している)

 


試しにこれらのことを勉強に置き換えてみましょう。


0.時間を守れる
1.受講以外でも校舎に来ている
2.高速基礎マスター、単語帳などを徹底してやりこむ
3.例えば電車内でも高速基礎マスターや単語帳をやる。休憩時間は休憩する。
4.模試(入試)にむけて気持ちを作ったり、過去問などに取り組める
5.GMTGのメンバーや友達同士で高め合う
(6.音読の習慣がある)

 

不思議なことですが、これって実は、学力がグングン伸びる生徒に見られる共通事項なんですね。


(6の声を出すという点だけは、スポーツではやる気を高めるためなので、勉強での音読とは一概には同じとは言えませんが…五感を使うという点では一緒だと思って下さい。)

 

いままで部活に打ち込んできた/これからも続けるというみなさん、是非、部活での経験を生かして、勉強もよりよいものにしていってくださいね!

 

さてそんな、部活を頑張る高3生のみなさん!
第一志望校合格に向けて、一緒に頑張っていきませんか⁇
いまなら東進の授業90分×5コマが無料で体験できます!

お申し込みはコチラ