<冬休みの過ごし方>1年・2年生編 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2017年 12月 26日 <冬休みの過ごし方>1年・2年生編

 

こんにちは!

東進ハイスクール町田校の井上柚希です。

現在は立教大学経済学部に通っています。

 

今週のテーマは

 

「冬休みの過ごし方」ですね。

もう皆さんはクリスマスを終え、本格的に冬休みに突入しましたね。

 

 

今日は1.2年生の冬休みの過ごし方について書いていきたいと思います!

 

①体調管理を徹底する

これはもう基本中の基本ですね。

ですが、これを疎かにする人は学力に大きく悪影響を及ぼします

 

勉強は習慣化が大事です。

 

インフルエンザや風邪などが流行るこの季節に

体調を崩してしまうと、せっかくの習慣が途切れてしまい、学力に悪影響を及ぼしてしまいます。

体調管理も受験科目の1つと思って下さい。

 

 

②基礎基本の徹底

皆さんインプットアウトプットを知っていますか?

 

インプットは要するに暗記になります。

単語や歴史の出来事や方式など、問題を解いていく上で土台となる知識を入れていく作業です。

 

アウトプットとは今までインプットしてきた知識を用いて、問題を解いていく練習をする作業のことをいいます。

 

1.2年生の冬はぜひインプットを重点的に行ってください!

何故インプットなのか?というと、

インプットがしっかり行われていないと、

アウトプットが成り立たないからです。

 

3年生の夏からアウトプットである演習が多くなります。

その時期になると、

「問題の復習でインプットに費やす時間がない!」

なんてことになってしまいます。

すぐ始めるようにしましょう。

 

 

③1.2学期の復習をする

突然ですが、皆さんが必ずといっていいほど受ける

センター試験の出題範囲は知っていますか?

 

実は、

 

教科書の範囲から出題されるのです!

 

つまり、学校で習ったところをしっかり理解していけば、センター試験で点数を取ることは可能なのです。

 

しかし、3年生になって、習ったところを1からやろうとすると時間がかかってしまいます。

 

なので、冬休みなどのまとまった休みの時期に

学校の教科書の復習をするという事が必要なのです。

 

後で後悔しないように、今のうちに復習しておいてくださいね。

 

 

私の冬休みの過ごし方というと…

 

1年の頃は、年末年始は部活がオフだったため、

宿題をする以外は勉強せずに

テレビを見てゴロゴロしていました。

 

この文章を読んでいる人で

上記のような生活を過ごす予定の人もいると思います。

 

でもそれじゃダメだったんですね。

 

私は2年生の12月頃に

東進の冬期特別招待講習を利用して、東進に入学しました。

ちょうど今頃ですね。

 

しかし、その頃にはもう多くの同級生が受験勉強のスタートダッシュを決めていました。

1年生から受験勉強を始めている人もいて、私の意識の低さをまじまじと感じました。

 

受験を終えて感じたことは

もっと早く受験勉強を始めておけばよかった

でした。

畑岡先生も同じようなことを前におっしゃっていましたね。

 

先日、渡邉先生の記事で言ってくれていましたが、

学力の差は能力の差ではなく、時間の差です。

 

既に始めている受験生にこれ以上、時間の差をつけられないためにも、

 

早め早めに受験勉強のスタートダッシュを決めましょう!

 

明日も引き続き私が書かせていただきます!

明日は冬休みの過ごし方~3年生編~ です!