模試の復習方法(現代文編)【東進HP町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2018年 2月 25日 模試の復習方法(現代文編)【東進HP町田校】

こんにちは。

担任助手の佐藤晶彦です。

僕は現在慶應義塾大学経済学部に通っています。

さて、早速ですが

2/18(日)にセンターレベル模試がありましたね。

どうでしたか?

僕は高校2年生最後の模試だった2月のセンターレベル模試で

思うような結果が出せず、悔しい思いをしたことを覚えています。

模試を受けて結果を見るだけと言う人。

その模試を全く活用できていません。

どんなところでも言われるのが

「模試で最重要なのは復習」

ということです。

今回は

オススメの復習方法を紹介したいと思います。

僕は文系なので復習方法がわかりづらい現代文について紹介します。

〈現代文〉

現代文は国語の中でも

1番勉強方法が分かりづらい科目

だと思っています。

現代文の復習

1 本文の完全理解

2 選択肢の切り方

を意識して欲しいです。

【1.本文を完璧に理解する】

当たり前だ

と感じるかもしれませんが

これができていない人はとても多いです。

・本文の展開

・強調されている部分

・対比

・具体例

こういった

問題になりやすい部分を中心に

・自分が試験中に読解したもの

・解答に書かれている解説

とを比較し

・どこが異なっていたか

・なぜ異なってしまったのか

しっかり分析して文の読解の仕方を身につけていってください。

ここを曖昧にしておくと間違った読解方法を続けてしまい

成績が伸びません。

特に

文の論理的な展開

何が対比されているか

などは文に印をつけながら分かりやすくしておきましょう。

問題を解くときに該当箇所を素早く見つける

手助けになります。

【2.選択肢の切り方】

これは点数に直接関係してきます。

現代文において簡単な問題の解き方は

消去法です。

選択肢の中で間違っている部分

を見つけながら、

間違いが含まれている選択肢

を除いていきます。

ここで重要になってくるのは選択肢のどの部分に着目するのかです。

一般的には選択肢の文は

2つの要素に分けられていて

その2つのポイント

該当する部分を本文から見つけ、

選択肢と本文が一致しているか

確認していくことで

選択肢を消去していきます。

本文の該当箇所がどんなところに書かれているのか

毎回の模試で確認しながらスムーズに問題をとけるようにしましょう。

また確認し終えたら

もう1度問題を解き直す

ことも重要です。

解答をただみて分かったようになるだけでなく

もう1度解き直すことで自身に

その解き方や文の読み方を定着

させてください。

今回は現代文の復習方法について紹介しましたがいかがでしたか?

あくまで一例ではありますが参考にしてみてください。

【最後に】

最後にもう1度いいますが模試で最も重要なのは

復習

です。

もう2度と同じ問題で間違えないように

ここで解けない問題を1つでも多く失くしましょう。

さて、ただいま東進ハイスクールでは新年度特別招待講習を行っています。

3月13日までのお申込みで2講座3月27日までのお申込みで1講座を無料で受講することが出来ます。

受講後にスタッフと話すこともできるので、模試の復習についてもっと詳しく聞きたい方必見です!

詳しくはバナーをクリック!

校舎でお待ちしております。