合格速報第三弾! | 東進ハイスクール町田校|東京都

2018年 3月 4日 合格速報第三弾!

こんにちは!

 

東進ハイスクール町田校

担任助手1年の井上です。

 

立教大学経済学部に通っています。

 

後期試験がまだ残っている人へ

 

先日の芦田先生のブログにもあった通り、

ここが踏ん張り時です。

 

受験は何が起こるか分かりません。

最後まで自分を信じて

やり抜いてください。

 

必ず将来の糧になるはずです。

 

受験が終わった人へ

 

やることがない

と思っている人も多いと思いますが、

この時期は、

実はとてもやることがたくさんあります

 

大学に入ってからは思うように

まとまった時間が取れないので、

 

時間的余裕がある今だからこそ自己分析など

自分を見つめなおす機会に使ってください!

 

 

先日の山口さんの合格速報は見ましたか?

部活・行事・勉強の両立は

とても難しいものです。

 

“時間のない中で、

いかに得点へ直結する勉強ができるか“

 

が受験勉強をするにあたって

とても大切だと思います。

 

特に部活をやっている人には特に

意識していてほしいです。

 

今日は、

山口さんと同様、部活が忙しくても

計画性の高さから

中央大学総合政策学部

国際政策文化学科

合格を勝ち取った鈴木美帆さんの

合格速報をお送りしたいと思います!

 

鈴木さんが

東進ハイスクール町田校に入ってきたのは

実は7月。

 

しかも、

狛江高校のサッカー部のマネージャーを

務めていたため、引退は10

 

正直、遅いなというのが第一印象でした。

しかし、町田校に入学してからというもの、

部活で疲れつつも、東進で受講をし、

 

毎日登校を同じ狛江高校のサッカー部の

仲間と続けていました。

 

部活を引退してからは、

引き続き部活の仲間と

切磋琢磨の日々を過ごし、

 

最終的には、

中央大学の合格を勝ち取ってくれました。

 

私は、

ほかにも狛江高校のサッカー部の生徒の

グループミーティングを

受け持っていましたが、

 

全員、部活が忙しいというのは

全く言い訳にせず、

 

毎日第一志望校合格に向けて、

今の自分には何が足りないのかを

常に分析し、努力し続けていました。

 

「受験勉強は部活と似ている」とよく言われます。

 

目的に向かって努力をし、

試合(模試)をし、自己分析をし、

そして、仲間と切磋琢磨をして、

お互いの実力を伸ばしていく

 

という点が似ていますね。

 

鈴木さんは受験に費やせた時間は少ないですが、

 

“時間のない中で、得点へ直結する勉強“

が出来たからこそ

合格を勝ち取ってくれたのだと思います。

 

 

現在、大方の新高校3・2年生は

部活をやっていると思います。

部活が終わってから始めるのは遅いので、

 

今、この瞬間からできることはどんどん

取り組んでいってください!

 

東進ではただいま

新年度特別招待講習を実施しています。

最大2講座(5コマ×2)を

無料で体験することができます。

 

部活に合わせて

受講の予定を組むことが出来ますので、

気軽にお申し込みください。

スタッフ一同お待ちしております!

下のバナーから是非お申し込みください!