<勉強法>基礎固めは夏までに!【東進HS町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2018年 5月 22日 <勉強法>基礎固めは夏までに!【東進HS町田校】

 

 

こんにちは。
東進ハイスクール町田校担任助手の林です。

 

わたしが通う東京工業大学では、もうすぐ期末試験期間に入ろうとしています。

 

みなさんの中にも中間試験が近づいてきて、ドキドキしている方がいらっしゃると思いますが、それは大学生も同じで図書館の自習スペースがほぼ満席の状態になっています。

 

定期テストはそこまでの授業の理解度を測るテストです。
これを機会に今まで学んだことの理解度を上げられるように頑張っていきましょう!

 

さて本日から新テーマ、
「この時期にすべきこと」
についてお話ししていきたいと思います。

 

私の考える、この時期にすべきこと、それは

 

基礎を固める

 

ということです。
ありきたりなことですが、ありきたり、王道だからこそ大切なことです。
なぜ基礎を今基礎を固める必要があるかと言いますと、

 

ご存知の通り、9月からは二次私大対策が始める必要があるからです!!

 

9月からの勉強は今以上にハードで余裕がなくなってしまいます。
基礎が固まり切らない状態で9月に突入してしまうと

 

・基礎ができないので、応用問題である入試問題が解けない
・基礎固めに時間を取られてしまい、問題演習や、過去問ができない

 

ということになってしまうのです…

 

なので9月から逆算して今基礎を固めてしまおうということなのです!

 

それではどうやって基礎を固めれば良いの?と思いますよね!
色々な方法がありますが、林流基礎固めは

 

定期テスト、模試活用法です!

 

どういうことだろうと思われるかもしれません。
簡単に言えば、定期テスト、模試でできなかったところは自分が苦手としているところ、弱みです。
ということはそこを埋めてしまえば良いのです!

 

高校3年生の中には模試をたくさん受けている方も多いのではないでしょうか?
その一つ一つの模試が基礎固めのチャンスです!
先週ご紹介した模試の復習法はもう読みましたでしょうか?
まだの方は是非読んで活用してみてください!

 

また、高校1.2年生は定期テストがありますね!
苦手分野の克服も大切ですが、最善策は苦手をすぐに潰す苦手を作らない。ということです!


定期テストで良い点を取ることが目的になっていませんか?


冒頭でも言いましたが、定期テストは理解度を測る試験です。
試験後には理解が足りなかった部分を問題集で復習することによってしっかり理解を深めてくださいね!

さて、東進ハイスクールでは現在
全学年対象の全国統一テスト
部活生特別招待講習をおこなっております。
ここでご紹介したほかにも基礎固めの方法はたくさんあります!
ぜひ担任助手に聞いてみてくださいね!
校舎でお待ちしております!