“自分で考えた”勉強を | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2015年 12月 22日 “自分で考えた”勉強を

みなさんこんにちは!!
東進ハイスクール町田校担任助手の徳満瑛大です。
僕は今明治大学理工学部数学科に通っています。

 

12月ももうすぐ終わってしまいますね。冬も更に本格化してきてます。
体調管理には十分に注意しましょう!

 

センター試験が近づいてきたので、

この時期センター試験に向けてどんなことをするのがいいのか

僕の経験をもとに書きたいと思います!
もし参考になりそうでしたら参考にしてください!

 

僕は国立理系の大学が第一志望でした。東京工業大学が志望校です!
この大学はセンター試験で 600/950点中 をとることができれば二次試験を受ける資格を得ることができて 、二次試験ではセンターの点数が関係ないという特殊な受験方式の大学でした。
僕は国語と地理が苦手でしたが、理系科目でカバーすることもできました!

 

この時期の勉強で一番意識したことは、

「どうしたら一番第一志望校の合格に近づくことができるか

です。

 

国立志望の人は志望校によってセンター試験の割合は違います。また人によってはセンター試験が得意で二次試験がまだ苦手な人もいるし、その逆もいます。

人それぞれ弱い点が違うと思います。

国立志望でセンター試験が完成していなかったり、また配点が高い大学を受ける人は、遅くとも1ヶ月前からはセンター試験対策の割合を増やしていく必要があると思います 。

逆にセンター試験が目標点を上回っているが二次試験が未完成という人は、センター試験の勉強をしながら、直前になるまでは二次試験の勉強もしていく方がいいと思います。

 

センター試験はほとんどに人にとって初めての入試です。

また、国立の人にとっては特に合否が左右されます。

なので、直前期にセンター試験の対策をすることはどの人にとっても重要です。

ただ、その前の時期におけるセンター試験の勉強の割合は志望校に対しての進捗によって変えていいと思います。

 

僕の例だと、センター試験が二次試験に影響しないこともあり、1月に入るまではセンター試験の勉強と二次試験の勉強を同じ位でしていました。二次 試験の方がまだ未完成だったからです。

 

このように大切なことは、

「まず自分で考える」

ということです。
もちろん、自分だけでは間違ってしまうこともあると思います。ただまずは自分で何をするべきか考え、

他の人の意見をもらって

最終的に自分で決めた勉強をしていくのがオススメです!

 

これが僕の経験に基づくこの時期の勉強です!
参考になったかはわかりませんが、よかったら実践してみてください!

ここで高校1・2年生にお知らせです!
今センター試験直前期の対策の話をしましたが、東進では今年のセンター試験と同じ日(1月16日

17日)にセンター試験同日体験受験という模擬試験をやります!!

本番と同じ問 題を同じ日に解くことができるものとなっています!!
今回はなんと無料で申し込みをすることができます。
本番まで1年前・2年前の時期なので是非この機会に自分の力試しをしてみてください!!

お申込はこちら