Time is money. | 東進ハイスクール町田校|東京都

2016年 10月 1日 Time is money.

 

こんにちは!町田校担任助手の高橋賢です。寒暖差の激しい時期になってきましたね…。風邪が流行する季節なので、体調管理や風邪予防はしっかり行いましょう!!

 

さて、今日は内山先生に続き、「大学生の生活」についてお話ししようと思います!

私は東京工業大学に通う3年生なので、理系目線でのお話をします!

 

今回一番話したいポイントは、

3年生以降、めちゃくちゃ忙しくなる

ということです。大学や専攻によって差はありますが、大体の大学が忙しくなると思います。理由は以下のようなものです。

———-

①大学の教育体系

大学では「1~2年生:一般教養や基礎専門・広域科目」が主な勉強になるのに対し、「3~4年生:専門科目や研究課題、学士論文研究」が主な勉強になってきます。これらの授業にはかなりのギャップがあり、なんとなーく大学を過ごしていると3年生以降大変なことになります…。

②学士論文研究

①でも挙げましたがほとんどの理系大学生は卒業論文を書く事になります。どの専攻に進むとしても、これはかなり高度な内容なので、一朝一夕では完成しません。そのために猛烈な努力をしなければならないのです。

———-

 

いかがでしょうか。理系大学生は進級するほど大変になってきます。なので、大学1~2年生をいかに無駄に過ごさないかが、鍵になってきます。そこで、1~2年生のうちにやっておくべきことをお伝えします。

それは、

自分の進みたい道をしっかり見極める

という事です。教師や警察官など、職業と具体的内容が決まり切っている人もいると思いますが、そうではない人が大半なんじゃないかな、ということです。

ここでいう具体的内容とは「将来IT企業に入ってバリバリ働く」というような職種だけで中身のないものではありません。

「IT企業で何を実現したいのか?」「就職した後はどういった仕事をしたいのか?」といったような行動ベースでの将来を考えましょう。

そうすれば、3~4年生(または大学院)への準備が出来ます。

実はこれが出来ていないほど、本当に悲惨な大学生活・就職活動を迎えることになるでしょう…。

1~2年生の時間はまさに将来への投資、「Time is money」です。

大学生はもう、れっきとした大人です。自分のコトは自分で深く調べ、将来のための行動を出来るように心がけましょう。

 

さて、ここでお知らせです!
東進ハイスクールでは10月30日(日)に全国統一高校生テストを実施します。
センター試験と同様のレベルの模試を無料で受験できます。
また、全学年対象なので、高校一年生・二年生もぜひお申し込みください!!

これを機に受験生としてのスタートを一気に切るチャンスです!!!