この時期を乗り越えるには【東進HS町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2021年 1月 27日 この時期を乗り越えるには【東進HS町田校】

 

こんにちは!

町田校担任助手1年の鈴木遥です。

 

気がつけば、2021年になって1ヶ月が経とうとしています。

早すぎますね、、、

 

皆さんはいいスタートダッシュがきれましたか??

 

私は、今のところ、目の前のレポートしかできていないので、

反省して、残りの11ヶ月は充実したものにしていきたいです。

 

 

さて、いよいよ私大の入試が近づいてきましたね。

今回は、私大の本番を乗り切っていくために、気をつけてほしいポイントを2つ紹介します。

 

1つ目は「毎日登校を続ける」ということです。

 

私大の入試は、複数校受ける人がほとんどだと思います。

本番が何日も続くという状況は、これまでの人生で、あまり経験したことがないですよね。

 

そんな非日常の状態に置かれると、誰でも、精神的にキツくなります。

だからこそ、「毎日東進に来て勉強する」

という今まで当たり前にやってきたことを大切にしてほしいです。

 

東進に行けば、

辛くなっても、担任助手に話を聞いてもらえますし、

頑張っている仲間の姿を見ることで、

1人ではないのだ、と、実感することができます。

 

私は、私大の試験日でも、終わったらいつも通り東進に行き、

次の試験に向けて勉強していました。

そうすることで、変に緊張しすぎず、今までと同じサイクルで勉強を続けることができました。

 

 

2つ目は、「終わったことに固執しすぎない」ということです。

 

試験が終わったら、もちろん復習はしてほしいです。

特に、日本史や世界史等、知識が問われる教科は、同じような問題が出ることも多いので、復習必須です。

 

ただ、終わってしまった問題の点数や、ミスした部分を気にしすぎるのはナンセンスだと思います。

 

点数が低くても、全体の難易度が上がっただけかもしれませんし、

ミスしたところをいくら気にしても、点数は変わりません。

 

そのため、終わった問題に関しては、次の試験に生かせるところだけさくっと見直して、

1秒でも多く、次の試験の対策をしてください!

 

ここから試験が続き、

逃げ出したくなることもあると思いますが、

今までの自分の努力を信じて、全力を出し切って来てください!

 

最後の最後まで、応援しています!!!!

 

_____________

 

現在、

東進ハイスクールでは、

新年度招待講習の申し込みを受け付けています!

最大4講座(90分×5コマ)の受講が

無料です!

ぜひこの機会をお見逃しなく!

新年度特別招待講習