世界史の勉強法 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2014年 5月 10日 世界史の勉強法

皆さん こんにちは!
東進ハイスクール町田校担任助手の仲安真凜です。
今回も引き続きオススメの勉強方について話したいと思います。

 

今日は、世界史の勉強法について紹介します。

皆さんの中には世界史を1からまとめないと!とおもっているひとはいませんか?
けど1からまとめるととにかく時間がかかり、時代順にやるからじぶんができてるところもまとめ、なかなか前に進まず途中でやめてしまうということも・・・
そこでわたしは自分があまり覚えていない時代や分野、過去問や模試で自分がまちがえたところだけをノートではなくルーズリーフにまとめて、リングファイルにはさんでいくという方法でまとめていました。こうすることで後からつけたしても自分で時代順や地域別に並べ替えられるので自分ができていない部分だけをまとめることができ、時間も短縮することができます!

また世界史は“横の軸”が大切だとみなさんもよく聞いたことがあると思います。
どうしてそんなに横の軸が大切かというとセンター試験をはじめ、多くの大学で同じ時代のほかの地域で何が起きていたかという問題が出題されるからです。
けど横の軸なんてどうやって勉強するの?と思っている人も多いと思います。
そこで私がやっていたのは図表の時代別の地図を何度も何度も見たり、あまり征服の範囲が変わらない中国を軸にして唐の時代にはこの地域ではこんなことがあったというように覚えていました。

わたしのやっていた勉強法が少しでもみなさんの勉強に少しでも役立ってくれたら幸いです。

 

さて、部活をやっている・もしくはやっていた高校3年生のみなさん!
今東進では部活生特別招待講習というものを受け付けています。

部活を頑張っているみなさんを東進の授業に1講座(90分×5回)無料招待するというものです。

お申し込みはコチラ