予定を実行することの重要性について【東進HS町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2020年 9月 15日 予定を実行することの重要性について【東進HS町田校】

こんにちは!

 

東進ハイスクール町田校担任助手1年の

竹田晶太郎です。

現在、私は北里大学医学部

通っています。

夏休みが終わり、

多くの高校で授業が

再開している頃だと思います。

夏休みが終わったからといって

気を抜くことなく、

夏休み同様のペースを保ちながら

必要な学習量を確保していきましょう。

さて、今回は予定の実行について

お話ししていきたいと思います。

東進ハイスクールの今年の

受験生の夏休みの目標は、

8月末までに

大学入学共通テストの過去問を5年分、

第一志望校の二次試験の過去問を5年分を

終わらせることが

最低目標でした。

みなさんはこの目標を元に

夏休みの学習の予定を

立ててくれていたと思います。

しかし、実際のところ、

この予定をきちんと自分が設定した期限通りに

進められなかったという人は

多かったのではないでしょうか。

ここで、予定を実行することの

重要性について

再度考えてみてほしいのです。

確かに、二次試験の過去問は

一回のボリュームが重く、

辛いこともあると思います。

ですが、自分が立てた予定を

「辛いから」という理由だけで

狂わせてしまうと

何が起きてしまうでしょうか。

それは、次々と予定が遅れ

十分な学習量を確保できないという結果に

つながってしまうのです。

一回の妥協は皆さんが思っているよりも

後々の予定に大きく影響します。

これは、私自身が後から振り返ってみてとても

後悔した点でもあります。

これから先、いかに自分を律することが

出来たかで合格、不合格がわかれてしまうと思います。

ですので、皆さんは自分の立てた予定を必ず実行し

その事実を自信にして勉強を進めていきましょう!

-----------------------

この夏、予備校に入るタイミングを失った」
「知らない間に友達と差がついていた」

こんな不安を抱えている方はぜひ

東進の1日体験に来てみてください!
志望校に合格することができるかどうかは
スタートするタイミングが非常に重要です。


気になる方は下のリンクから

お申し込みください!


また、高校3年生の受付は

9月15日をもって

締め切りさせていただきます。


人生に1度の大学受験。
東進には逆転合格するための

プログラムを用意しております。

悔いのない受験ができるように、

ご検討下さい!

共通テスト対応・全国統一高校生テスト