合格を知った瞬間 木庭ver. | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2015年 1月 28日 合格を知った瞬間 木庭ver.

皆さんこんにちは!
本日も引き続き、担任助手の合格を知った瞬間についてお話します。

私が今通っている早稲田の商学部の合格発表は3月1日でした。そのとき私は家で祈りながら待っていたのかというとそうではありません。

本当のことを話してしまうと自動車教習所の入学受付をしている最中でした(笑)
大学に入学してしまうと忙しくて免許を取っている暇などないだろうと見込んでいたので、入試が終わってから入学するまでの1ヶ月間で取ってしまいたかったのです。

その日は商学部と社会科学部の2学部の発表の日でした。マークミスなどをしていないかは最後まで分からなかった上に、1年前に早稲田全落ちという苦い記憶があったのもあり恐ろしかったのですが、自己採点を解答速報を利用して済ませていて、8割以上取れていて自身のあった商学部の方から電話で結果を聞きました。今でも忘れられないのですが電話の声は本当に冷めたい機械の女の声です。「ジュケンバンゴウハ イチ、サン、サン、ヨン、ハチ デ ヨロシイデスカ?」「タダシケレバ イチヲ、マチガッテイルバアイハ、ニヲ、オシテクダサイ」みたいな具合で人間味のかけらもない声です。

合格を知った瞬間は実際には叫びませんでしたが叫ぶほどに嬉しかったです

不思議なことにあの冷徹な声が何故か温かみをもって聞こえる程に。

2年半の間行きたくて行きたくて仕方のなくて、一時はいけないかもしれないと諦めかけた早稲田への切符を自分の手でつかんだのですから言葉に出来ない喜びがありました。
実際、大学に初めて早大生として登校した時は,まるで自分が大学に潜り込んでいるのではないかという感覚をもつほどでした。

皆さんにもこの言葉に出来ないこの喜びを感じてほしいです。
ですから受験生の皆さんは最後まで諦めずに努力し続けて、第一志望校の合格を追い続けてほしいです。

そして高2生のそこのあなた!もう勉強するサイクルはできてますか?受験に於いては早期スタートダッシュを切ることが本当に重要になってきます。

まだスタートダッシュを切れていない人は東進で現在新年度特別招待講習を行っているので、ぜひ一緒にスタートダッシュを切りましょう!!
お申し込みは下の画像をクリック!

 

.