成功は自分の手でしか掴めない | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2015年 11月 16日 成功は自分の手でしか掴めない

こんにちは!町田校2年担任助手の高橋です。

最近本格的に冬が見え始めましたね…。夏生まれの私は寒いのが耐えられないので辛い日々です。(笑)

 

さて、今日も「私を支える言葉」についてお話ししたいと思います。

私には2つ、思い出深い言葉があります。それは私が高校の時に在籍していた野球部の恩師である方と、先輩の言葉です。

 

まず一つ目は、恩師の方の言葉です。

努力が必ず報われるとは限らない。しかし、成功する者は皆必ず努力している

これは真実だと思います。「努力は必ず報われる」という事は断言できません。いくら努力しても報われない瞬間は必ずあります。

しかし、周りや世界の成功者を思い浮かべてみてください。何も努力をせずに成功している人などいません。要は、何度失敗や挫折を繰り返しても成功のためにどれだけ努力出来るか、という事です。

 

掃除機や扇風機で有名な「ダイソン」の創始者であるジェームズ・ダイソンはあの掃除機を作るために15年間の歳月を費やし、5127台の失敗を繰り返した末に成功しました。

彼自身も『アイデアをものにするには多くの壁にぶつかるが、これには倍の努力をしてでも乗り越えようと思うことが大切で、そうすれば必ず解決できる』と述べています。

想像を絶するような努力ですよね。半端な気持ちではこうは出来ません。

 

努力しなければならないと分かっていても辛い。そんな時に先輩はこんな言葉を口癖にしていました。

辛い時こそ笑顔

辛い時は成長している時だ、辛い時こそ楽しく気持ちを前向きにしよう。

こうして私は努力してきました。辛い時も自分が成長している証だと、自信を持って。

 

私は現在、第一志望であった東京工業大学の情報科学科で勉学に励んでいます。

私の大学受験での努力は、報われました。それは偏に、「絶対成功してやる」という気持ちを持ち努力をし続けてきたからだと思います。

皆さんは、本気で、死ぬ気で努力を出来ていますか?達成したい気持ちは、今の努力によって報われると思いますか?

 

今のままじゃダメだ。そう思った方は、今からでも始めましょう。

 

 

さて、今東進では冬期特別招待講習を実施しています。

無料で講習講座を受けられますが、それだけではありません。私たちは皆さんの本気をサポートします。

本気の努力をどうすれば良いか分からない、自分が何を目標に頑張ればいいのか分からない。そんな悩みも全て解決します。

 

少しでも前進したい!!そんな気持ちがあるなら是非申し込んでみてください。お待ちしています!

 

お申込みはコチラ