担任助手になったきっかけ ver.中村 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2014年 9月 27日 担任助手になったきっかけ ver.中村

こんにちは。東進ハイスクール町田校担任助手の中村です!
現在は東京薬科大学薬学部に通っています。

本日も引き続き【担任助手になったきっかけ】について紹介していきたいと思います。
きっかけは二つあります。

①後悔したこと

私が東進ハイスクール町田校に入学したのは高校1年生の夏前でした。

しかし、「まだ高校1年生だし勉強はいいや」という思いから中々勉強に身が入らず、部活・遊びに時間を費やしてしまいました。(担当の先生すいませんでした!)
そして気づくとアッとゆう間に高校2年生の冬になってしまいました・・・。

それまで勉強という勉強はやってこずにいたために1月のセンター試験同日体験では自分が予想していた点数よりはるかに低い点数を取ってしまいました。

このままでは、薬学部はおろか大学に行けるのか?と焦りを感じました。

この時から気持ちを入れ替え、東進の高速基礎マスター・受講等東進のコンテンツをフル活用して勉強しました。

しかし、高校1.2年生では全く勉強習慣がついていなかったために試行錯誤しながらの勉強でした。
そのため最短距離で効率の良い勉強ができずになんとか薬学部に受かったものの、第一志望校の薬学部には届きませんでした。

ここで考えたのは「高校1.2年生でもっと勉強しておけば結果は変わったのではないか?」というものでした。
このような失敗談を生徒に伝えられて、今後一人でも多くの生徒が変わってくれたらどんなに嬉しいことなのだろうと思ったのがきっかけの一つです。

②感謝したこと

受験が近づくに連れて誰にでも不安・焦りが出てくるものです。もちろん自分もそうでした。

そんな時に支えてくれたのが担任助手の方々でした。ただ励ましてくれるだけではなく、親身になって相談を聞いてくれたり時には叱ってくれたりしました。
本当に自分のことを考えてくれているなと感じました。

自分もこのような担任助手になりたいと思ったのがきっかけの二つ目です。

もう9月も終わろうとしています。皆さん、残りの日々を一日一日大切に過ごして下さいね。

さあそして、10月26日は全国統一高校生テストがあります!

これまで勉強してきた実力を試してみてください!
お申し込みはコチラ