担任助手の夢 谷井ver. | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2014年 12月 21日 担任助手の夢 谷井ver.

こんにちは。 東進ハイスクール町田校の谷井です。

昨日までに引き続き、今日も「担任助手の夢」について紹介します。

今までも数回紹介していますが、僕は現在、大学で材料工学を勉強しています。 材料工学は「ものづくり」の土台となる工学分野の一つです。 車をはじめとする機械や、橋・建物といった構造物がすべて材料から成り立っていることを考えれば理解していただけると思います。 今日は僕が「材料工学」の道を選んだ理由にあたる、夢・目標について紹介します。

僕の夢・目標は

  科学を支える「ものづくり」を通じて、人々の生活をより豊かなものにすること

です。

小さいころから宇宙に関することが好きだった僕は、早いうちから航空・宇宙に関する研究をしたいと考えていました。 中学生頃までは、ただ漠然とロケットや人工衛星に関する知識ばかりを集めていたように思います。 その過程で、宇宙開発における先端科学が、時間をかけて自分の生活の落とし込まれ、生活を豊かにしているということを知ったのです。 (例えば、地球上では実現が難しい特殊な環境での実験は、医療を含む科学の多分野から期待されています。)

自分の好きなものを研究することが最終的に人々の役に立つのだと知った僕は、迷うことなく航空宇宙系の道に進むことを決めました。

しかし、自分の目標について知れば知るほど、宇宙開発に関するある課題が見えてきたのです。

それは安全性と経済性です。 人類が初めて人工衛星を宇宙に送り出してから50年。 いくら技術が進歩したとはいえ、ロケットや人工衛星の安全性はまだまだ不十分です。 また、人工衛星ひとつを宇宙に送り出すだけでも莫大なお金がかかります。

僕は「宇宙開発、ひいては科学技術そのものをを根本から支えたい」というものに変わっていきました。 そこで辿り着いたのが材料工学です。 方法は異なりますが、自分の夢を達成するために今、勉強しています。

もちろん高校生のうちの夢や目標が人生のそれになるとはかぎりません。 しかし、夢や目標は自分を動かす原動力となります。 自分が将来何を目標とするのか、高校生のうちに1度は時間をとって考えてみてくださいね。

さて、東進ハイスクール町田校では現在、冬期特別招待講習を実施しています。 この冬にぜひ、自分の夢に向かって一歩を踏み出しましょう!

お申し込みをお待ちしております。

冬期講習のお申し込みはコチラ