担任助手流勉強の原動力【秀ver.】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2015年 2月 12日 担任助手流勉強の原動力【秀ver.】

こんにちは、町田校担任助手の秀です。


いよいよ今日から早稲田大学の入試が始まりましたね。
僕も去年の2月12日に早稲田の文化構想学部の試験に緊張しながら行ったのを思い出します。


さて、今日も引き続き『担任助手流勉強の原動力』についてお話します。


僕の勉強の原動力には他の担任助手の先生と同じように「夢・志」がありましたが、それだけではありませんでした。


僕は行きたい大学へのこだわりが他の人よりも強かったのではないかと思います。
「この大学に何が何でも行きたい!」という気持ちが僕の勉強の原動力の主でした。


しかし、高校3年生の時は結果に納得がいかず、一年間浪人しました。
浪人時代は「昨年の悔しさ」「応援してくれている人達の期待に応えたい」「志望校への憧れ」などの気持ちと、何よりも「落ちた時の絶望感を二度と味わいたくない」という思いが僕の勉強の原動力でした。


一年間は大変長く感じるものでしたが、それでもがんばってこれて、現在早稲田大学の社会科学部に通えているのはそれらの原動力があったからです。

勉強の原動力というものは人の数だけあると思います。
皆さんも自分が大事だと思えるもの、原動力となるものを探し、意識して勉強してみてください。


ちなみに今日紹介した僕の原動力は受験勉強そのものへの原動力でしたが、受験勉強を終え、大学に合格して終わりというわけではありません。


大学に合格した後も勉強を頑張り続けること、大学生活をどのように生きていくかを考える上では「夢・志」というものが大きく関わってきます。


なので、現在高校生の皆さんは、高校生の内に一度自分の夢や目標について一度考えてみてください。


また、東進は皆さんの夢・目標を応援しています!
現在東進で行われている新年度特別招待講習では皆さんの勉強をサポートするだけでなく、夢や目標を考える場も用意しています。


受験勉強について何をしていいかわからない、自分の夢や目標がわからないという方は是非お申込みください!


お申込みは↓コチラ↓