時間の使い方④ | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2014年 5月 29日 時間の使い方④

 

こんにちは!
町田校担任助手の秀です。

今回も引き続き「一日の時間の使い方」ということで私が受験生のころに意識していた時間の使い方を3つほど紹介していきたいと思います。

まず一つ目は「To do リスト」です。
その日すべきことを書き出すことで一日の予定を具体化することができ、時間の使い方も無駄のないものにできます。
また、18~19時までは英語をやる、19~20時には国語をやろうというように時間を予め細かく区切っておくことで、時間を意識することができ、短い時間でも集中して学習することができます。

二つ目は「習慣化」です。
寝る前に歯を磨くなどのように、この時間にはこれをするという習慣を身につけてしまうと継続的な勉強をしやすくなります。
私は寝る前の30分間に英語の音読をするようにしていました。
やらないでいるとなんか気持ち悪いと思えるようになったら習慣化成功です。

三つ目は「休憩時間の取り方」です。
人間が一度に集中できる時間は限られています。
切り替えをするためにも適度に休憩をとりながら勉強を続けることが重要になりますが、だからと言って休憩時間にスマホをいじったりしてはよくありません。
休憩しながらも勉強から気持ちを離さないようにするのです。
私が休憩時間中にやっていたことを紹介すると、単語帳や漢字、教科書などを簡単にながめたり、友達同士で問題を出し合ったりするなどしていました。
特に友達と問題を出し合うというのはお互い学んだことをしっかり覚えていないとできないので、自分の知識が身についているかの確認にもなります。

大切なのは自分の勉強スタイルを確立することです。
しかしこれにはなかなかに時間を要します。
高校1,2年生の皆さんは今の内から試行錯誤を繰り返し、自分のスタイルを身に着けてください。
高校3年生の皆さん!自分のスタイルは持てていますでしょうか?
もし持っていなかったら定期テストが終わった今がチャンスです。

ちょうど今東進ハイスクールでは高校3年生の部活生を対象に「部活生特別招待講習」を実施しています。
もちろん引退してしまった方も対象です!
友達を誘っていただいても構いません!
ぜひ一度東進ハイスクール町田校にお越しください。

お申込みはコチラ