木庭流過去問演習のやり方 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2014年 9月 10日 木庭流過去問演習のやり方

こんにちは!町田校担任助手の木庭です。今日も過去問演習のやり方を紹介したいと思います。

僕は受験勉強のすべての過程の中で一番大事なポイントが過去問演習だと考えます。なぜなら過去問の演習を積み重ねて、研究し、その志望校の問題のスペシャリストになることで実力に+αの点を得点していくことが可能になるからです。その傾向は早稲田大学のようなクセの強い問題を出す大学にこそ顕著に現れます。事実、私も本科生の時には早稲田の文系学部の過去問を自分が実際に受けるか受けないかに関わらずほぼ全部10年分取り組みました。結果、無事に早稲田に合格することができたのですが、これは過去問演習を十分に取り組んだからこその結果だと思います。

(僕の右側にあるのが過去問ファイルです)

ここで具体的なやり方の話に入りたいと思います。演習するにあたってみなさんに意識してほしいのは残り限られた時間でどれだけ数多く効率的に演習量を確保するかということです。

 

例えば復習を行う時、確かに時間を取ってじっくり復習することは大事ですが、しっかりと次に別の問題を解いた時に得点できるように意識して取り組まなければ、赤本の解説欄の文言を読んだだけで満足する意味の薄い時間になってしまいます。

僕は私立文系なので理系の科目にこれが当てはまるかどうかわからないのですが、少なくとも英語と現代文に関しては、解いた問題についてじっくり後ろ振り返るよりも、どんどん新しい問題を解いていって欲しいと思います。

間違った問題に関しては次に間違えないという目的意識を明確に持ち、3科目受験の人は毎日全教科に触れることを忘れずに、5教科の人は英語を中心にバランスよく取り組むことを意識して、私のように受験しない学部でも演習するような雰囲気でどんどん取り組んでください!

また町田校に通っている生徒さんで過去問演習について不安な点があればいつでも質問してください!待ってます!

 

東進ハイスクールでは10月26日に全国統一高校生テストが実施されます!東進生ではない人でも無料で受験することができるので是非積極的に受験して下さい!

お申し込みはコチラhttps://www.toshin.com/toitsutest/moushikomi/select.php?