直前期の勉強法【東進ハイスクール町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2021年 2月 11日 直前期の勉強法【東進ハイスクール町田校】

みなさんこんにちは!
東進ハイスクール町田校
担任助手2年の佐々木翔生です。
現在慶應義塾大学理工学部にかよっています。
今回は写真を0.5倍でとってもらいました!
結構1倍と0.5倍で映り違いますよ!
と後輩に言われたので0.5倍でとってもらいましたが、
どこが映り違うのかわかりかねてます、、、

私立大学の入試は既に始まり、
また国公立大学の前期試験まで
徐々にちかづいてきていますね(あと17日)。
これからは演習を通じて、志望校の入試形式に慣れ、
得点力を高めていく勉強がさらに必要になってきます。
今回は直前期の勉強方法・演習の方法について
ご紹介していきたいと思います。

1.まだ一度も解いたことのない志望校の過去問について


できるだけ本番と同じ時間割か
それよりタイトな時間割で演習するようにしましょう。
できるだけ一日で試験科目を演習するようにしたほうが、
本番の試験が楽に感じると思います。
本番を意識して勉強することで
本番に緊張せず試験を迎えられます。

2.1回解いたことのある志望校の過去問について


これも前述したように時間制限を
より厳しくして解いてみましょう。

1回解いたことある問題は答えを
ある程度覚えていると思います。
 タイトな時間制限で
勉強した方が本番に力を発揮する
という点では良いと思います。

3.受験した学校の本番の入試について


受験生は第一志望の大学のほかに
たくさんの大学を受験すると思いますが、
受験した大学の入試も復習しましょう。
本番の入試で出た問題は
他の大学の入試でも出題される可能性があります。
なので復習はかならずするべきです。
ただ、本番の入試を復習する上でネックとなるのが
今年の問題に関しては模範解答がないことです。
模範解答がなく、
かつ復習する時間が
そこまでないと思いますので、
試験を解いていて自分のなかで不安な箇所や
何回も入試で出てきたなという問題だけ選んで
復習するようにしましょう。

この時期は精神的に不安になって、
なかなか勉強に手がつかないときがあると思いますが、
勉強しているときは確実に前に進んでいます。
最後まで頑張りましょう!

——————————————————————————————————————————————-

さて、東進では新年度特別招待講習を行っています。

 

町田校には数多くのスタッフがおり、様々な大学に通っています。

自分が気になっている学問、大学について

実際に通っている人からアドバイスをもらうことが出来ますよ!

ぜひ町田校でお待ちしてます!

新年度特別招待講習