難関大現役合格者の勉強時間について | 東進ハイスクール町田校|東京都

校舎からのお知らせ

2012年 5月 17日 難関大現役合格者の勉強時間について

東進の2012年合格発表会場アンケート結果によると

難関大(旧7帝大、早稲田大学、慶應義塾大学など)に現役合格を果たした

受験生の一日あたりの平均勉強時間(学校の勉強時間は除く)は5時間52分という結果が出ました。

さらに驚きなのは現役不合格者の平均勉強時間は5時間37分で、合格者との差がわずか15分ということです。

ではなぜ合否がこのように分かれてしまったのでしょうか?

現役合格者は高1では911時間、高2では1211時間、高3では2195時間と合計で4317時間なのに対して

現役不合格者は高1では720時間、高2では997時間、高3では2101時間と合計で3818時間で合計値に499時間の差があります。

ここで差がついている事を考えてみると早期からの学習が必要になることは明らかです。

東進なら受けたい時にいつでも授業が受けられる「高速学習」なので高校生活の早い時期に高3生までの範囲を早期修了することも可能です。

ぜひ一緒に難関大合格への道を切り開きましょう!

スタッフ一同心からお待ちしております。