2020年 4月 3日 

こんにちは !
町田校担任助手の岩崎萌です!
青山学院大学に通っています。

現在、新型コロナウイルスが流行し
お出かけしたいけど

出来ない方も多いの

ではないでしょうか?


私の大学も春休みが

また伸びてしまいました…


普通の生活が出来ていたことに

ありがたみを感じています。

 

本日は、模試の重要性について

お話したいと思います。


私が思う模試を受ける最大の目的は、

アウトプットの練習!

「解く練習」目的もありますが、

一番の目的は
志望校判定や結果の分析による

その後の対策だと思っています

 

普段からインプット(覚える事)に関しては

頑張っている生徒達も、

模試などのアウトプットとなると

かなり消極的になってしまう生徒が多いように感じます。

 

「まだしっかり勉強しきれていないから

テストを受けてもどうせ散々な結果だし、、」

という気持ちもわからなくはないですが、

そういう事ではないです!

 

そういう生徒に多いのは、

「公式や単語、文法は覚えているのに

、いざテストになると解けない」
「似たような問題は解いたことがあり、

解けるはずなのに全く違う問題だと認識してしまって解けない。」

などなどありますが

そういう生徒に足りていないのは、

演習量やアウトプットする場が足りていないということです。
 

インプットだけで

終わってしまっては

点数につながらないというのが事実です。
なので、毎回の模試を通してアウトプットの練習をし、

自分が何を出来ていないかを理解しましょう!

そして、それを基に今後どのような勉強を

していけばいいのかを考えて行きましょう!

自分がどこの分野が苦手なのかを

理解することが出来れば、

今後の勉強のスケジュールも立てやすくなると思います。

 

 

4月には

共通テスト本番レベル模試

があるので、ぜひお申し込み下さい!