ブログ | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ 

2019年 9月 11日 秋の学習【東進HS町田校】

 

 

 

こんにちは!
東進ハイスクール町田校
担任助手1年の
守屋龍人です。
現在、法政大学社会学部に通っています。

早くも夏休みが終わり9月になってしまいました。
まだまだ暑さは残りますが、

これからは今までにないスピードで月日が過ぎていきます。
なので、1日1日を無駄にせず、

合格するための学習を続けていきましょう!

さて、夏は受験の天王山という言葉はよく聞いたことがあると思います。
それでは秋は……?
夏は夏休みがあり勉強に費やせる時間を確保することができましたが、
これからは限られてきます。
そこで、「何をするのが最善か?」

を考えていく時期になると思います。

これからは本格的に

アウトプットの勉強

にシフトしていきます。

アウトプットの勉強をしていくためには
まず知識がインプットされていることが前提になります。

だから今までみなさんにはインプットの勉強を
してきてもらいました。
具体的には高速基礎マスターなどで
単語、熟語を覚え
授業で概念を理解していくなどです。

そしてこれからはそういった基礎力を生かして
実際に点数を取りに行く勉強をしていきます。

具体的には
国立二次・私大の過去問を解いていきます。

受験生は基本第一志望校の過去問を
10年×2、もしくは10年分×3周する人までいたりします。

他にも併願校の過去問を
10年分であったり
7年分
5年分程度
やっていったりします。

このように莫大な演習量を積んでいくんです。

なぜそんなにやっていくのか
それは演習を通して頭にある知識を取り出す練習
をしていくためです。

みんなはきっとある程度の知識は
インプットできています。

あとはそれをいかに記憶の中から
取り出していくかを練習していくんです。

野球を例にしてみます。
ボールの投げ方だったり
捕り方、打ち方などをコーチから教わったところで
できるわけではないですよね?
教わった後、練習をしますよね?
プロ野球選手になった人は
その教えをできるようになるまで
練習した人、努力した人がなっているのです。
だからいくら教わったところで
練習をしないと身に付かないのです。

受験勉強も同じです。
いくら長文の読み方を教わったりしたところで
その後演習をしていかなければ
できるようにはなっていきません。
だからここからはどんどん問題演習をしていってほしいです。

これからは一人ひとりやるべきことが変わってきます。

基礎・基本をまだ固めたり
小論文を対策する人もいますし
個人個人苦手な分野は違うので
その克服方法は人それぞれです。

だからこれからは
何が正解なのかはわかりません。

自分のやったことに責任が伴ってきてしまいます。

だから
目的を考えて勉強する
これが大事になります。

常になんでこの勉強をするのか
これを通して何ができるようになりたいのか
こういったことを考えていってください。

またとにかくやり切ってください。

みんなには後悔がない受験をしてほしいです。

大学受験は悪い結果が出てしまう確率の方が
高いのが現実です。

ですがその現実の中でどれだけひたむきに
諦めずに努力ができるかが大事です。

それが出来た人がきっと合格をつかむ人
だと僕は思います。

皆さんにはそういった人になってほしいと
僕は強く思っています。

これからつらいこと、逃げ出したくなることが
やってくるでしょう。

ですがそれを乗り越えてください。

今までの受験生活で後悔はあるかもしれませんが

少なくとも今日から先の受験生活に悔いはない
と胸を張って言える人になりましょう。

それが合格を勝ち取る唯一の方法です。

 

現在東進ハイスクールでは、

 

定期テスト対策特別招待講習

のお申込みを受け付けております。

 

 

 学校の勉強で
優位に立ちたい方、不安な方はぜひいらしてください!
 

 


 

2019年 9月 10日 理学部の勉強【東進HS町田校】

こんにちは!

東進ハイスクール町田校
担任助手1年の
大野麻莉菜です。

現在、
横浜市立大学理学部
に通っています。

一昨日の台風は
近年関東に
やってきた
台風の中でも
1,2を争う
強風でしたね、、

柵が飛んで
しまっている
お家も
みかけました。

みなさんは
被害を受けず
無事だった
でしょうか??
自然災害は
甘く見る事なく、
出来る限りの
準備をして
おくことが
大切です。
今後も気をつけて
おきましょう!

では、
本題に入ります!
みなさん、
大学って

高校より
 自由
というのは
聞くけど、
実際
どんな勉強
してるの??
と思ったこと
はないでしょうか。
今日は、
そんな人に向けて、
私が大学に
入学してからの
約半年で印象に
残った講義
紹介していきます!

 

学部について


現在、私は
理学部理学科
に所属しています。
横浜市立大学の
理学部は、
未知の生命現象の
解明と応用
目的としている
学部です。
たとえば、
最近話題の
iPS細胞の応用方法
について研究する
などです。
他にも
物理的に
タンパク質の
動きを解明する
研究室などが
あります。
人工臓器の
研究室では
現代の最先端の
研究が
行なわれており、
とても魅力的な
ことがあふれています。
1年生のはじめは、
生物や化学、
英語は
もちろんのこと、
数学や物理、
横浜市立で
あるゆえに
横浜市の
現状・課題などを
学びます。

横浜市立大学理学部の講義


今日は
2つの特徴を
お伝えして
いきたいと
思います。
1つ目は
地域に根付いた講義
2つ目は
教員1人あたりの
担当学生数です。
ひとつずつ
説明して
いきます!

ⅰ)地域に根付いた総合講義
総合講義では、
横浜市内を
拠点に
活動している
研究者の方々
を招き、
研究内容や成果、
展望を
聞くことが
できます。
また、
横浜市立大学は
深海研究で
有名な
JAMSTEC
と連携しており、
特に深く
お話を聞くこと
ができます。
講義後には
疑問に
思ったことを
直接質問し、
さらにリアルな
情報を知ること
ができます。
中には世界的に
活躍している
研究者の方も
いらっしゃり、
新たな発見や疑問、
視点が得られる
刺激的
重要な機会です。
この機会は
早いもの
勝ちなので、
各学生の
意欲次第という
部分もあります。

ⅱ)教員1人あたりの担当学生数
2つ目の特徴は
小規模な
大学ならでは
のものだと
思います!
なんと、
教員1人あたりの
担当学生数は
およそ2人
なるそうです。
つまり、
ゼミや研究室に
入ったときに、
より濃い指導を
受けられること
が期待できます。
大規模な
大学が多い中、
市立ならでは
の大きな特徴と
言えるのでは
ないでしょうか。

 

大学での勉強や
特徴は
実際に
通っている人に
聞くことが
一番です!
志望校を
決める際は、
是非
多くの情報
を集め、
納得のいく
決定
できるように
していって
ください!

現在東進ハイスクールでは、

 

定期テスト対策特別招待講習

のお申込みを受け付けております。

 

 

 学校の勉強で
優位に立ちたい方、不安な方はぜひいらしてください!
 

 


 

 

 

2019年 9月 9日 法学部の勉強【東進HS】

 

 

 

こんにちは!
東進ハイスクール町田
校担任助手の佐藤光です!
僕は今、
早稲田大学法学部
に通っている1年生です!
9月に入って
もうすでに1週間経ち、
学校での授業も
始まっていることだと思います。
高校生の勉強は
他教科に渡り
様々な分野を
学習するころができますが、
大学生の勉強は
自分がやると
決めた分野を
とことんやるといったものになります
そこで今日は
自分が大学で
勉強していることを
少しだけ話していこうと思います!
法学部にあまり興味がない人にも
こんな学部があることを
知ってほしいので
ぜひ最後まで読んでください!


① 法学部ってどんなところ?


まず初めに
法学部そのものについて
少し話そうと
思います。
皆さんは法学部と聞くと
どんなところを
イメージしますか?
僕は法学部につい
て詳しく調べる前は
弁護士、検察官、裁判官などの法曹界
目指す人たちが
集まっている学部だ
と思っていました。
しかし
実際には法学部生の卒業後の進路は
多岐にわたり、
銀行員や商社マン、
東京都庁職員や国家公務員一般職などの
公務員になる人が
たくさんいます!
特に銀行員は
法学部の中でもかなりの割合を
占めている就職先になります。
このことからいえることは、
法学部とは
ただただ法律について勉強するだけの学部ではなく、
法律を勉強していく中で
培う論理的思考力をもとに
様々な分野で活躍する人材を
育てる学部なのです!


② 早稲田大学法学部の勉強


それでは
今日の本題である
法学部の勉強について
話していこうと思います!
各大学により
どのように勉強するのかは
少しずつ違うと思うのですが、
今日は僕の通う早稲田大学をベースに
話していきます。
まず法学部では
入学してから総論というもの
をやっていきます。
これは法律の
まとめのようなものです。
例えば刑法で言えば、
なぜ国家は刑法を作り
犯罪者を裁くシステムを作るのか、
ということなどの
法律の根幹となるようなことを
学んでいきます。
そしてそれを
学習し終えると各論といい、
法律学のもっと細かく実用的な分野について
勉強を始めていきます。
そして卒業するころには
自分が選んで深く勉強した分野の知識と
深く物事を考えることのできる
思考力が身につくのです!

 


僕はまだ一年生なので
もちろん法律学について詳しいことなどは分かりません。
しかし
法律を学んでいく中で
物事の成立の理由などを
論理的に考えていく力
徐々につき始めていると感じます!
皆さんが進む各大学各学部にも
 特別な勉強の目標や
ポイントが存在しています!
ぜひ調べたうえで
最終的な志望校を
決めてみてください!!

現在東進ハイスクールでは、

 

定期テスト対策特別招待講習

のお申込みを受け付けております。

 

 

 学校の勉強で
優位に立ちたい方、不安な方はぜひいらしてください!
 

 


 

2019年 9月 8日 私が大学で学んでいること~会計学~【東進ハイスクール町田校】

 

こんにちは!
東進ハイスクール町田校の井上です。
現在は立教大学経済学部に通っています。

 

さて、夏休みが終わって、文化祭シーズンですね!

先日、水澤先生が経済学のことについて書かれていましたね。
経済学の種類について詳しく書いていましたね。

経済に興味のある人はこちらのURLをご覧ください!

一概に経済学と言っても、
たくさんのジャンルに分けられているんですね!

 

さて、僕も水澤先生と同じ経済学部ですが、
メインで学んでいるものは少し違います。

僕が経済学部でメインで学んでいるのは、
『会計学』です!

会計と聞くと、簿記などが思い浮かぶ人がいるのではないでしょうか。

しかし、会計学と簿記は似ているようで少し違います。

簿記は金銭管理に使う帳簿に記入する際のルールの事です。
対して、会計学はその帳簿から作られる「財務諸表」というものを読み解く学問です。

 

財務諸表は
企業の成績表と言われており、

それを見るだけで、
その企業が成長しているのか、衰えているのか
どこに強みがあり、どこに弱みがあるのか
その企業の異常や今後の動向など

企業に関する様々な把握することが出来るのです!

 

会計学を学び、財務諸表を読み解けるようになると、
投資などに役立てるが出来ます。

近年の副業ブームで投資などに注目が当たっていることで、
比例して会計学の需要が高まってきており、
本屋のあちこちで会計学の本を見かけます。

 

投資とか興味ない人にとっても、
この先ほとんどの皆さんは就職して
必ず社会人なりますよね。

その時に自分が働いている会社が

どのように利益を出しているのか
どの部分にお金を費やしているのか

といういうのは必要最低限把握しておくべきです。

 

これだけ会計学の話をしましたが、
大学では会計学しか学んでいないわけではないです(笑)

当然、僕の学科でも
マクロ経済学や経済思想、マーケティングも学びます。

実際、学科が異なっていても、同じ学部であれば、
学ぶことが出来る内容はそこまで変わらないというのが正直なところです。

 

総じて、会計学だけでなく、経済学というのは
今後生きていく上で必ず触れる『お金』の学問なので、

実用性の高い学問だと感じています!

 

経済系の学部だと、

他にも経営学部・商学部などあるので、

そのようなところに目を通してみると

また新しい発見があるかもしれません!

 

現在東進ハイスクールでは、

 

定期テスト対策特別招待講習

のお申込みを受け付けております。

 

 

 学校の勉強で
優位に立ちたい方、不安な方はぜひいらしてください!
 

 


 

2019年 9月 7日 理系の学ぶ大学の授業【東進ハイスクール町田校】

こんにちは。

東進ハイスクール町田校、担任助手2年の熊崎です。

現在、横浜国立大学理工学部に通っています。

 

早いもので

9月に入りましたが、

まだまだ外は暑いですね。

学校も始まり、学校行事の準備や

定期テストの対策で

忙しくなる時期かと思います。

 

 

さて、今日は

私の通っています、

横浜国立大学の理工学部で

どんなことを

学んでいるのかを

紹介したいと思います。

 

 

 

まず、理工学部と言っても、

私はその中の

数物電子情報学科という所に

所属しています。

 

 

名前だけ聞いては、

何をしているのかわからないと思います。

 

 

何を勉強しているか

簡単に言いますと、

「大学の数学」と「大学の物理」

です。

 

 

「大学の数学」とは、

高校生の皆さんが今、

学校で学んでいるのと同じように、

授業を受けて学ぶ、

さらに高度な、難解な数学

ということです。

 

 

私は、高校生までで

数学のほとんどを

学んだと思っていましたが、

大学に入ってから

さらに多くのことを学びました。

 

そして、もっと多くの知識がないと

大学での研究などは、

到底できないものだと

感じました。

 

 

そして、

大きく分けたもう一つは、

「大学の物理」ですが、

こちらは、はっきり言って、

難しいです。

 

高校で習っていた物理と、

違うところは

イメージがしづらいというところです。

 

 

頭の中で、

起こっている現象が

想像できるのと、できないのとは、

問題を解くときに、

とても大きな差が生まれることは、

物理を学んだことがある人なら、

分かると思います。

 

 

そのようなイメージが

しづらい現象を考えて

その現象について

ひたすら計算をしていく、

というのが大学の物理です。

 

見た目だけで言えば、

ほぼ数学です笑

 

 

 

ここまで聞くと、

大変で、つまらないのかと

思うかもしれませんが、

理系はこの辛い座学を

乗り越えれば、

自分のやりたいと思っている

研究や実験が待っています。

 

 

実際には、

1年生の時から、

実験も同時並行で

行う学校が多いと思います。

 

 

もちろん、実験で要求される知識は

普段の授業で学びますから、

しっかりと授業を

聞いて理解しなければなりません。

 

今、大学で理系方面の

研究をしたいなと

思っている高校生の方、

まずはしっかりと

学校の授業を聞いて、

知識を付けることが大事です。

 

 

そこから、

いろいろな興味を広げて、

夢を膨らませてほしい

と思います。

 

 

東進ハイスクールでは、

そんな夢に向かって努力を続ける

高校生に正しい勉強をしてもらいたい

と思っています。

 

 

学校が始まり、

勉強も本格的にしなきゃと

考えている人へ、

定期テスト対策特別招待講習

のお申込みを受け付けております。

 

まずは、学校の成績を

伸ばすための勉強を

東進でやってみませんか?

 

皆さまのご来校を

お待ちしております。