【合格速報第11弾!】山銅貴良世くん! | 東進ハイスクール 町田校 大学受験の予備校・塾|東京都

2022年 3月 31日 【合格速報第11弾!】山銅貴良世くん!

 
こんにちは!
 
町田校担任助手の西森です。
 
東京工業大学物質理工学院に通っています。
 
今回のブログでは、
 
合格速報ということで、
 
僕が1年間担当させていただいて、
 
見事
 
東京医科歯科大学医学部医学科、
 
慶応義塾大学医学部医学科、
 
昭和大学医学部医学科
 
合格された山銅貴良世くん
 
ご紹介します!
 
超難関大学への合格を
 
多く勝ち取れた要因は
 
どこにあるのでしょうか。
 
僕なりに思うところが
 
2つほどあるのでご紹介します。
 
①予習中心の勉強
 
山銅くんは
 
高校1年生の春に
 
東進ハイスクールに入学しました。
 
この段階で、山銅くんの
 
向上心の高さや志望校に対する熱い思い
 
が伺えます。
 
そして、
 
東進ハイスクールの授業を中心に
 
勉強を続けていき、
 
高2の3月には
 
「微積もぐんぐん」という
 
難関大志望者向けの
 
数学Ⅲの範囲の応用講座を
 
修了することができました。
 
高2のうちに数学Ⅲを一通り押さえるだけでも
 
すごく難易度が高いことですが、
 
応用講座を終了した山銅くんの
 
勉強に対する意欲の高さには驚かされますし、
 
このことが超難関大合格に結びついたのだと
 
容易に推測できます。
 
 
②分析力
 
山銅くんとは模試の帳票が帰ってくるたびに
 
面談を行っていましたが、
 
本人に反省点を聞くと
 
「ここが課題なので、これからはこういう形で勉強していきます。」
 
と毎回即答してくれました。
 
このことは、
 
簡単そうに見えてとても難しいことだと思います。
 
皆さんは模試の反省をしているとき、
 
自分では「反省」をしているつもりでも、
 
ただ「感想」を持っているだけになっていませんか?
 
模試は自己分析をしっかり行って
 
はじめて効果を発揮します。
 
皆さんも模試の受け方、
 
反省の仕方を見直してみてください。
 
どうすればいいのかわからない場合は
 
担任助手に聞いてください!
 
 
以上2点が僕の思う山銅くんの合格の要因です。
 
このブログを見た人は予習型の勉強をすぐにでも始めて、
 
難関大への合格を勝ち取ってほしいと思います。
 

—————————————————————————————————————————————————-

現在

東進ハイスクールでは

1日体験の申し込みを受け付けています!

この機会に東進の一流講師の授業を

無料で体験してみませんか?

少しでも興味がある人は、下のバナーをクリック!!

↓      ↓      ↓