この冬で意識を変える【東進ハイスクール町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2018年 12月 14日 この冬で意識を変える【東進ハイスクール町田校】

こんにちは!

東進ハイスクール町田校の

熊崎慎太朗です。

横浜国立大学理工学部に

通っています。

もう12月も2週間が経ちまして、

今年も残りわずかとなりました。

高校生の皆さんはもう少しで冬休みに入ると思いますが、

計画は立てているでしょうか?

ほとんど部活という人、

年末年始はおうちでのんびりする人、

さまざまだと思います。

しかし、

高校生の皆さんは

やっぱり勉強も意識してほしいと思います。

高校2年生は、

もうすぐに、受験学年です。

実はもうのんびりしてはいられない時期に入っています。

3年生で学習する単元は

今から先取り学習を進められるといいですね。

1年生も今の時期から受験を意識しましょう。

ご存知だとは思いますが、

今の1年生の代からセンター試験に代わり、

共通の新テストが行われます。

今までのように、

具体的な対策ができないからこそ

早期からの対策が必要です。

また、同じ理由で

周りの1年生も早くから勉強を始めるはずです。

遅れをとるわけにはいかない、

と思う方はぜひこの冬から 

少しずつでも勉強を始めていきましょう。

私自身も

高校生の時は、

サッカー部に所属しておりまして

冬休みも毎日のようにボールを蹴っていました。

今まで全然勉強しようなんて

やる気にならなかった私ですが、

2年生の冬となると

さすがに、やらなきゃと思い始め

冬休みも時間を作って

少しずつ学習を始めました。

上のグラフは私が

高校2年生の冬休みの時の

ざっくりとした1日のスケジュールです。

部活が午前で終わるときは

グラフのように、

家に帰ってきてから勉強をしていました。

具体的にどんな勉強をしていたかというと

まずは、

学校の宿題や

学校の授業を受けて、

自分がしっかり理解できていない教科の

復習などもしていました。

これは

いわゆる学校での学習内容についての自習です。

これに加えて

受験を意識した勉強も必要だと考え、

私は、まずセンター試験を

解けるようになろうと思い

センター試験対策の問題集をやっていました。

実は、

センター試験は国語・数学・英語に関しては

高校1、2年生までで学習した内容が

範囲とされています。

なので、今の時期から手を付けられるのです。

これが実際の受験を意識した学習です。

この時期はまだ、

学校の方が大事じゃないと思う人

がいるかもしれませんが、

そう思う人はもう少し周りをよく見てみてください。

当時の私も2年生の2学期頃から

気付いたのですが、

やっている人はやっている

ということ。

授業が終わり、

部活に向かう時に学校の自習室

を見ると、

同じ学年、同じクラスの人が

机に向かって集中している姿がありました。

その時はテスト勉強でもしてるのかなと思ったのですが、

あとから、「今なんの勉強してるの?」

と聞いてみると

その子は塾に通っていたのですが、

塾でもらったテキストに載っている

問題を解いていると言っていました。

見せてもらうと、

明らかに自分にはできないような

難しい、実践的な問題でした。

さらにその子の志望校と

自分の志望校が一緒だったので、

「あぁ、このままじゃまずい」

と本気で思うようになりました。

危機感を持つとは

こういうことなのだな

と感じて、私も勉強を始めました。

もちろん実際の受験を意識した学習です。

皆さんの周りにも絶対に

私の友達のような人が

いるはずです。

そしてそのことに気付いて

自分自身も行動に移すのは

遅くてもこの冬休みです。

冬休みは

「初めて本気でやってみよう」

という人にも

長すぎない期間だと思います。

自分もやってみよう、

と思っているけど

何をすればいいかわからないという方へ、

只今、東進ハイスクールでは

新高3生、新高2生、新高1生向けに

特別招待講習のお申込みを受け付けております。

12月18日までにお申し込みしていただくと

最大2講座まで受けることができます!

これからの勉強についての

相談なども気軽にしていただけます。

校舎で皆さんのご来校を

心よりお待ちしております。

 

­