はじめなければ前には進まない!【東進HS町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2020年 8月 24日 はじめなければ前には進まない!【東進HS町田校】

皆さんこんにちは

4年生担任助手の芦田隼高です

「もう夏休みも終わってしまった」

という人も多いかもしれません。


今年はとにかく夏休みが

短かったのではないでしょうか。

夏休みは2週間程度だったかもしれませんが

入試本番まで残りの時間を

有意義に活用していきましょう!

 

高校3年生の皆さんは残り

145日で共通テスト本番を迎えます。

共通テストの後は私大試験や国公立二次試験が行われ、

入試が本格化します。

 

その私大や国公立試験の対策は

いつから始めるかという事について

今日はお話ししたいと思います。

国公立二次・私大対策はいつやるか?

結論から申し上げると、

国公立二次・私大の対策は

もうこの時期から始めておくべきといえます。

実際に町田校でも実際に

対策をし始めている生徒が増えてきています。

それではなぜ残り半年近く残されている今の時期から

国公立二次・私大対策をしなくてはならないのでしょうか。

 

 

 

皆さんは身近に運転ができる人はいますか?

運転ができるようになるためには教習所に

通わなければならないのは周知のことであると思います。

教習所に通わない限り

運転免許を取得することができませんよね。

 

教習所でどういうことをしてるかと言えば、

実際に車に乗ってみて運転の操作の練習をします。

失敗しても良い教習所内で

隣に監督者についてもらい指導してもらいます。

そして何度も練習し、

繰り返し失敗しながらだんだん運転できるようになり、

最終的に運転免許を取得することができます。

 

ここまで偉そうに話しておいて、

実は私は運転免許は持っていませんが、そこは大目に見てください。

 

つまり何が言いたいかと言うと、

まずは始めてみなければ前に進むことができない

ということです。
運転は教習所に行かない限り

免許を取得することができません。

それ以外の方法は今のところ存在しません。

 

過去問においてもまず

着手をしない限りできるようにはならないのです。

最初のうちはできなくて当然問題ありません。

最初から得点できてしまうようであれば

他の勉強すべきです。

 

全然得点できないところからスタートして、

具体的に今の自分に何が欠けているのか、

それを正しく見極めるために

今の時期から始めていくことが大切なのです。


不安に思う気持ちはとてもよくわかります。

私も過去問演習を先延ばしにしていたのは事実です。

ですが最初の一歩を踏み出してみない限り

現実は変わらないのです。

 

過去問を解いてみて、足りていないところを

一つ一つ克服していくことで合格が近づいてきます。

恐れることなく演習を始めてみましょう!

東進の学習カリキュラム

東進ハイスクールでは、

夏までに一通りの過去問演習をカリキュラムで組んでいます。

それは今述べたように

現状の課題を詳しく分析できるようにするためです。

そして明らかになった課題に対して

圧倒的な演習量により合格を一気に勝ち取る

単元ジャンル別演習を取り組みます。

 

過去の膨大なデータとAIを駆使して

今の自分に足りない力を補える講座になっています。

 

これをどれだけ本番までにこなすことができるかによって

合格率は大きく変わります。
その演習が、将来高校3年生になった時に

できるようになるためにも

高校1年生の間に一通りの学習を終え、

十分な基礎力を養えるように

今のうちからスタートしてみませんか?

 

ただいま東進ハイスクールでは

一日体験を実施しています。

 

ぜひ体験だけでもしに来てください!!