よりより睡眠をとる方法【東進ハイスクール町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2020年 1月 2日 よりより睡眠をとる方法【東進ハイスクール町田校】

みなさん、新年あけましておめでとうございます。
町田校担任助手の佐々木翔生です。
現在慶応義塾大学理工学部に通っています。
1月1日はブログがお休みだったので
僕が2020年初のブログとなりますね。
なんだか気分がいいような気がします!(僕だけですかね)

現在大学は冬休み期間となっております。
皆さんの学校もそうではないかと思います。
長期休みにありがち(主に低学年)なのは
夜更かししたり遅起きしたりして、
その結果学校が始まったら
その生活に慣れることができず
リズムを崩してしまうことですよね。
それによって日中眠くなることは
もちろんあると思いますが、
より深刻な睡眠障害(不眠症など)
を引き起こす可能性があります。
ですが最近アメリカの大学の研究によって、
不眠症を改善し
睡眠自体の質も向上させる方法がある
ことがわかったので、
ご紹介させていただきます。
その名前は刺激制限療法というものです。
この療法には4つのルールがあり
それを守っていけば良いという代物になっております。


1つめ

 

ベッドは寝るためだけの場所にする。
そこで本読んだり、スマホをいじるのは厳禁。


2つめ

 

もしベッドについて
15分以上眠りにつけなかったら
ベッドからでる。


3つめ

 

ベッドから出てもやることは
本を読んだり刺激の少ないものをやる。


4つめ

 

起きる時間を固定する。
たとえそのせいで睡眠時間が少なくなったとしても。

これらのルールは
自分のベッドは眠るためにある場所であると
脳に誤認させるためにあります。
これらを実践することで睡眠の質を向上させることにもつながります。
これらの方法の詳しいことはブレイクスルー佐々木
という名前のYou Tuberが最近出した動画で語っています。
僕と同じ名字ですが僕とは何の関係もありません。
かれは教育系You Tuberと自負しており、
主に教育に関しては(ここ重要)
非常に有益な情報を発信してくれています。
さらに詳しい情報を聞きたい人は
彼の動画を見てみてください。

You Tubeの見すぎは問題ですが、
すこし時間を見つけて
有益な情報を発信してくれる人の動画を見るのは
良いことだと思いますよ!
でも、動画を見すぎて寝るのが遅くなるなんてことは
本末転倒なので気をつけてください。

今年もよろしくお願いいたします。