センター過去問の進め方【東進ハイスクール町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2018年 7月 8日 センター過去問の進め方【東進ハイスクール町田校】

こんにちは
東進ハイスク―ル1年担任助手の鳥居です。
僕は今、中央大学経済学部国際経済学科に通っています。
最近はもう真夏ですね。僕は夏が好きなのですが皆さんはどうですか?
一般的な人の答えは「え?なんでこんな苦痛な季節が好きなの!?」などなどでしょう。
ですが受験生の皆さんにとっては「こんなに勉強時間が確保できる季節なんてない!」
と答えてくれること間違いなし。

実際に夏が一番成績が伸びやすく、受験生にとってはおいしい季節なのです。
今が最後の逆転する時期だと意識して頑張りましょう!!

さて、今回のテーマは「センター過去問演習」についてです。
7月、8月はセンター過去問を演習する時期です。東進ではなんと10年分×2周やります!!
更に大問別演習というもので自分の苦手な分野のみの演習(60年分)を演習するのでセンター対策はばっちりです。
これまでたくさんのスタッフがセンター過去問演習について投稿してくれましたが今回僕は
センター過去問への取り組み方について話をしたいと思います。


ステップ① 過去問を解く
まだセンターを解けるレベルじゃないよ、、、と思う人もいると思いますがとりあえず
1年分解いてみましょう。自分の苦手な分野をみつけたり、自分がどれくらできるのか、
などの感覚を知ることができます。解くときは必ず大問ごとの時間を決めて解きましょう。

ステップ② 自己採点する
問題は解いたままにしないで必ず自己採点しましょう。
また、自己採点している途中に簡単な感想をメモしておくと自分が
できたところ、できなかったところを俯瞰することができるので行いましょう。

ステップ③ 分析する
点が取れた、点が取れなかったで終わらせてはいけませんし、
自分の得意な部分を勉強しても思うように点数は伸びません。
分析をして苦手な分野、大問を見つけましょう。

ステップ④ 復習する
さきほどの分析で見つけた苦手な分野、大問の改善に最適な復習(大問別や文法の参考書など)する。
きちんと復習できているか確認するため、模試は日を数日あけてから?解きなおしをしましょう。
どうでしたか?皆さんはこの4ステップで進められていますでしょうか。
冒頭でもお伝えした通り、この時期は本当に重要です。今の時期にセンターを固めておかないと
2次・私大対策へ移るのが遅れたり、思うように成績が伸びません。
しっかりと気を引き締めてこの夏を乗り越えましょう!!

さて、ただいま東進では夏期特別招待講習を行っております。
7月31日まで最大4講座(5コマ×4)無料となっております。(高1生、高2生対象です)
以下のバナーをクリックしていただければお申込みできますのでぜひご覧になってください!
お待ちしております。