一生懸命になれるひとの強み【東進ハイスクール町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2019年 8月 1日 一生懸命になれるひとの強み【東進ハイスクール町田校】

こんにちは!
慶應義塾大学理工学部1

横澤菜々子です。
ついに!8月になりましたね!

最近、受験生のみなさんと話していると、

「1か月があっという間にすぎる!」

というセリフをよく聞きます。

私も受験生の時にまったく同じことを思っていました、、、。

でも、受験生のとき、高3のときの8月は一生に一度しかありません。

受験生のみなさんには、後悔しない夏休みを送っていただきたいです。

時間を惜しんで勉強しましょう!

 

 

さて、本日は高1・2生が今だからこそやるべきことを

私なりに紹介していきたいと思います。

是非チェックして

1年後、2年後の自分を見据えて充実した夏休みを送っていただきたいです!

 

ハリのある生活をおくろう


突然ですが、質問です!
高1・2生のみなさんは夏休みになにかがんばりたいことはありますか?
特になくても今年の夏は最も時間をかけて取り組むことなんですか?

「勉強!」

と答えたみなさん!
素晴らしいです!

学校がなくても勉強を継続していきましょう!

頑張ってください。応援しています。

つぎに
「部活!」と答えたみなさんも多いのではないでしょうか?
そこで以下部活との両立を書きたいと思います。

「部活があるから時間がなくて勉強できない、、、」

と感じているみなさんいますよね?

しかし、私は

部活があるからこそ勉強を頑張れるということがある

と伝えたいです。

高校の部活動は楽しいこともたくさんあると思いますが、

なかにはつらいこともあると思います。


たとえば、運動が好きではいった運動部でも、

暑いなかの連日の練習はつらいですよね、、、。
しかし、

そのつらい部活を乗り越えたひとは最強だと私は思います。

彼らはダラダラ勉強していたらやることが終わらないので

集中力があります。

この時間にこれを絶対におわらせるという気合が違います。

勉強時間だけでは測れない勉強の質が高いってやつです。

私の高校の同期で運動部だった友達は

時間が無くても

勉強も全力で取り組んで成績がいい友達が多かったように思います。

(たとえば、引退が遅くても引退後のギアのいれかたがすごかったです、、、!)


部活を乗り越えた経験、その意志、熱意

受験勉強しいては人生の支えにしています。

 

まとまると、、、

部活動をはじめ何かに一生懸命に取り組めることは

それがどんなことであれ素晴らしいことです。
それができる人は

勉強も全力で取り組めるポテンシャル

があると思います。

 

みなさんに運動部に入ってみようと言っているわけではないです笑

けど!

なにかに一生懸命になれるひとは

その対象が勉強になっても強いということです!!


 なので、部活も勉強も全力でがんばる夏にしましょう!