今、受講をする意味【東進HS町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2020年 9月 24日 今、受講をする意味【東進HS町田校】

こんにちは!

町田校担任助手の中島一成(なかしま かずなり)です。

 

現在、

横浜国立大学都市科学部建築学科

に通っています。

 

私の夏休みも終盤をむかえました。

秋学期も変わらず、ほとんどオンラインだそうです。

長く感じたオンラインの春学期が

もう一度繰り返されると考えると辛いですが、

辛いのは大学生だけじゃなくて受験生もです。

 

変わった状況下で妥協の連続を続けずに、

同じ状況下で勉強している周りに負けないように

人一倍努力していきましょう!

 

私たち担任助手はいつでも困っている生徒の見方で

ありたいと思っているので、

相談事などはいつでも話してきてださいね。

 

今日は私から、

なぜ今からまた受講をするのか

その利点について話したいと思います。

 

仕上げ特訓講座は

受講+過去問演習

がメインになっていて、

ほとんどの受験生にこの講座をとってもらっています。

受講、今いるのかな、

と思っている生徒が結構います!

 

夏休みが終わって、

演習の時期という認識が強い9月ですが、

言い換えれば今の時期にしか

もうインプットは出来ないです。

苦手な分野やまだ習っていない分野は

あとでまとめてやるからいいや、

と油断していませんか?

 

夏休みを通して分かったと思いますが、

人間が頭で想像している計画は

【理想】

の計画なんです。

 

実際やってみると遅れてしまうのが現実ですから、

早めにやっておくことに越したことはないので、

この受講で基礎を固めきってしまいましょう!

 

もちろん期限には必ず間に合うように!