仮想本番で目標点をとろう!【東進ハイスクール町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2018年 8月 9日 仮想本番で目標点をとろう!【東進ハイスクール町田校】

 

こんにちは!

東進ハイスクール1年の鈴木美帆です。

現在中央大学総合政策学部に通っています。

昨日は台風がひどかったですが、皆さん大丈夫でしたか?

思わぬ災害を引き起こしかねないので、無理に家を出たりせず、様子を見て外出してください。

さて、今日は8月9日ですね。

もう8月が始まって9日が経ちました。

この9日間を皆さんは有意義に過ごせていたでしょうか?

「気がついたらもう9日…」なんて人、いませんか?

このままだと、「気がついたらもう8月が終わった…」となりそうな人、きっといると思います。

このまま何もしないで残りの夏休みを過ごすことほどもったいないことはありません!

思い当たる節がある人にぜひやってほしいことがあります。

それは…目標を明確に立てることです!

今月は大きなイベントがあります。

8月センター試験本番レベル模試です。

この模試は仮想本番と言われているほどの大切な模試ですが、なぜそこまで大切だと言われているか分かりますか?

理由は、今回の仮想本番の点数で入試本番の点数が推測できるからです。

下のグラフを見てください。

 

 

難関大と言われる大学に合格している人は、8月の模試で8割近くの点数をとっています。

逆にいえば、8割近くの点数をとらないと難関大には受かりづらいということになります。

なぜこんなことが言えるのでしょうか?

答えは簡単です。

この夏休みは、皆必死に勉強するからです。

やる量ではほぼ差がつかないため点差も開かず、結果としてこの夏の模試の成績が本番の点数を反映する形になるのです。

じゃあどうすればいいの…と思った皆さん!

量での差がほぼつかないからこそ、質で勝負しましょう!

いつもよりも集中して机に向かえば、進む量や覚える内容は格段に多くなるはずです。

また、日常のちょっとした時間を有効に活用することもできます。

ご飯中に暗記物を開いて見たり、移動時間に内容を復習したり。

1回だけだと少ない時間ですが、積もると大きな時間になります。

時間の使い方の質を上げるということも、とても大切です。

また、具体的な点数の目標を立てるとより効果的になります。

目に見える形で立てた目標だと、それに到達したかどうかが一目でわかります。

また、何点とろうと考えることでモチベーションにもつながります。

夏休みが始まって1週間が経ち、仮想本番まであと2週間と少しある今だからこそ、改めて目標である仮想本番でしっかり点数をとることを意識しましょう!

東進ハイスクールではいつでも体験授業を受け付けています。

また、模試のお申し込みも受け付けているので、気軽にお問い合わせください!

スタッフ一同お待ちしております。