仮想本番に向けて勉強しよう!【東進ハイスクール町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2019年 8月 5日 仮想本番に向けて勉強しよう!【東進ハイスクール町田校】

 

こんにちは!

東進ハイスクール町田校2年の鈴木美帆です。

中央大学総合政策学部に通っています。

最近は毎日暑いですね!

35度をゆうに超えている日も多くあるそうです。

涼しい場所にいても、

水分補給を忘れると脱水症状になりかねないので

皆さん十分に注意してください!

さて、皆さんは現在夏休み真っ只中だと思います。

普段よりも勉強に多くの時間をとることができる夏休み。

高校1、2年生の皆さんも、

オープンキャンパスに行ったりすることで、

大学受験を少し身近に感じられるのではないかなと思います。

余談になってしまいますが、

オープンキャンパスは絶対に参加しましょう!

大学は、パンフレットだけでは

わからないことがたくさんあります。

実際に通っている大学生の雰囲気、

大学の雰囲気、

実際の授業の様子、

などなど…

読んで理解するだけではなく、

実際に自分で行って、

体験して、

感じたことによって

わかることは多くあります。

私も、オープンキャンパスに行ってみて

いいなと感じた大学もあれば、

何か雰囲気が合わないなと感じた大学もあります。

感じ方は人それぞれなので、

自分で行ってみましょう!

また、もし日程が合わず参加できないようなら、

オープンキャンパスなどのイベントがなくとも

キャンパス内を見学できる大学もあるので、

日程を調整して足を運んでみましょう!

(詳細は各大学のHPをご覧ください!)

では話を戻しましょう。

時間が多く取れる夏休み、勉強しなきゃ!

と意気込んでいる人も多いと思います。

ですが、やみくもに頑張っても効率よく学習できているとはいえないかもしれません。

「頑張る」と「がむしゃら」は違います。

「頑張る」とは、

①ゴールを知る、

②現状を分析する、

③適切なアプローチを取る、

という3つのステップから成っていると考えています。

それぞれを細かく見ていきましょう。

①ゴールを知る

そもそも、今自分は何のために頑張っているのか?

目指すべきものは当然第一志望校合格ですが、

まずは近い目標を立ててみましょう。

そこでぜひ活用してほしいのが、

8月のセンター試験本番レベル模試です。

8月のセンター模試は、

「仮想本番」と呼ばれています。

理由は簡単。

8月のこの模試で点数が取れている人ほど、

難関大学に合格する可能性が高いのです。

つまり、難関大学に合格したかったら、

この8月仮想本番で目標点を突破することが必要になってきます!

でも仮想本番で目標点を突破しなければいけないのは

受験生になったらでしょ、

と思っている高校1、2年生の皆さん!

皆さんの代からはセンター試験ではなく

大学入学共通テストに入試が大きく変わります。

今までよりも多くのことをやらなければならないため、

早めに対策をしておくことが必要になります。

つまり、自分にはまだ早い、と考えるのではなく、

今の内に取っておきたい目標点を確実に突破できるようにすることが必要なのです!

②現状を分析する

仮想本番を目標にしたら、

次にどうしたらその目標点が取れるのかということを考えましょう。

例えば、英語で考えてみます。

目標点まであと30点足りない場合に、

何を勉強すればいいのでしょうか?

例えば、文法が苦手でいつも落としてしまうとしたら、やることは明確ですね!

いつもよりも多くの時間を文法に割いてみましょう。

何をしたらいいか分からないという人は、

前回受けた模試を復習してみましょう!

そこから、克服すべき問題が見えて来るかもしれません!

③適切なアプローチを取る

さて、無くすべき弱点、

勉強するべき分野が分かったら、

実際に行動に移しましょう!

8月センター試験本番レベル模試は8月25日(日)に行われます。

残りの日数、使える時間を計算して、戦略を立てていきましょう。

場合によっては、いつもよりハイペースで

対策をしなければいけないかもしれません。

ですが、出来ない事はないはずです!

いつもより早く起きる、

携帯を触ってしまう時間を見直す…

せっかくの夏休み、

ぜひ時間を有効活用して仮想本番に備えましょう!

さて、ここまで長々とお話しをしてきてしまいましたが、

伝えたいことをまとめると、

夏休みを有効活用してほしい!

ということにつきます。

いつもとは違うことができるこの機会、

ぜひ今までの自分から行動を少し変えて、

違う自分を目指してみましょう!