受験で培ったこと【東進ハイスクール町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2020年 2月 15日 受験で培ったこと【東進ハイスクール町田校】

こんにちは。
東進ハイスクール町田校の熊崎慎太朗です。

 

横浜国立大学、理工学部の2年生です。

 

 

私の大学では、
先週期末テストがあり、
時間が過ぎるのは早いもので、
もう大学生活の半分が終わりました。

 

高校3年間も早いな、と感じましたが
大学生としての生活は
それ以上に早く感じています。

 

現在高校生の皆さんも、
忙しい日々を過ごしているかと思いますが、
やはり、高校3年生つまり受験生として過ごす一年間は、
とても密度の濃いものにはるはずです。

 

そして勉強を一生懸命頑張っている分だけ、
1日1日が早く感じます。

 

今回は、そんな受験期を経験して、
私が感じたことや、考えたことをお伝えしようと思います。

 

努力することの大切さ

私が受験を通して、
感じた大切なこと一つ目は、
努力することがどれだけ重要で難しいか
ということです。

 

皆さんは、普段からどんなことでも
努力できる人ですか?

 

おそらく、努力しなければいけないことが
その人の好きなことであれば
ほとんどん人が、難なく頑張れるはずです。

 

しかし、そうでない場合、
手を付けるのも億劫になってしまう、
と言う人は少なくないはずです。

 

特に、勉強が大好きという人は
少ないと思います。

 

もし勉強が好きではないとしても、
受験の世界では、そんなこと関係ありません。

好きな人でも嫌いな人でも
同じ条件で戦うことになります。

となると、どうにかして
勉強にもちゃんと時間を使って、
努力する必要があります。

この時に、
どうして自分は大学に行きたいのか、
何のために受験勉強をするのか、
ということをもう一度考え直すこと、
これが受験勉強をするにあたって
もう一つ大切なことです。

 

自分のことを考え直す

前でも述べましたが、
どうして大学に行きたいのか、
ということが明確になっていない人は、
受験を上手に乗り越えられません。

 

人間のどんな行動にも、理由があるはずで、
その理由が曖昧であったり、弱かったりする場合
100%の力は出せません。

ただ勉強するのではなく、
そういったことを考えて
勉強をすることによって
より質の高い勉強ができるはずです。

上で述べたように、
自分自身のことについて考えることは
将来とても役に立ちます。

 

就職活動では、自己分析をしたり、
志望動機を明確に表現することが
求められるので今のうちから
その能力を身に着けておくことは、
絶対に自分のためになると思います。

 

以上まとめると、
受験では、
努力を継続させることと、
自分自身について考えること
が大切だと私は感じました。

勉強にやる気が出ない時など、
少し思い出してみてほしいと思います。

 

只今、東進ハイスクール町田校では、
新年度特別招待講習の申し込みを
受け付けております。

 

この春休みを使って、
新学年への準備をしましょう!

 

何事もスタートが肝心です。

 

2/29(日)までのお申し込みで、
最大4講座まで
無料で授業を受けることが可能です。

いつでも校舎でお待ちしております。