受験を通して学んだこと【東進ハイスクール町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2019年 2月 14日 受験を通して学んだこと【東進ハイスクール町田校】

こんにちは。

東進ハイスクール町田校担任助手1年の鳥居です。

現在、中央大学経済学部国際経済学科に通っています。

高校3年生は受験シーズンですね。

校舎でずっと頑張ってきた姿を見てきたので本当に合格して欲しい!

という気持ちでいっぱいです。

そんな中、受験生のときの自分はどうだったか思い出すときがあります。

今振り返ってみると多くのことを学べた受験時代だったと思います。

受験というものは大学受験のためだけでなく、

今後の人生に影響するものだと認識することができました。

ということで本日のテーマは「受験を通して学んだこと」です!

「受験を通して学んだこと」

私が受験生で学ぶことができたものは大きく2つに分かれます。

1つ目は「自分自身の限界はない」ということです。

私は中学生まで全く勉強してなく、推薦で高校に進学しました。

しかし、東進で勉強をすることのメリット、

夢に向かって勉強する素晴らしさを学び、

本気で勉強することができました。

そうすることで今までできないと思っていたことは

やればできる、という意識に変わりました。

そのため、大学生になってからは思い立ったことは

すぐに実行するようにしています。

たとえば、TOEIC・TOEFL・MOS・英検など資格の勉強や

興味を持った企業の説明会に行くようになりました。

高校生と大学生での自信の違いは雲泥の差で

本当に大学受験をしてよかったと思っています。

2つ目は「努力の持続」です。

東進では毎日登校や、夏休みは1日15時間勉強という指導もあり、

ほとんど毎日勉強する習慣が身に付きました。

その習慣は受験生のときのみでなく、

大学生になっても継続することができています。

私の場合は英語の勉強を継続して勉強しています。

そのおかげで私事ですが先日、英検準1級に合格することができました。

 

受験というものは勉強だけでなく多くのものを学ぶことがでます。

今年受験する人も来年の人も楽しんで勉強できるといいですね!

さて、ただいま東進ハイスクールでは新年度特別招待講習を行っております。

無料で最大3講座受講可能となっています!

ぜひ、この春に一緒にスタートダッシュを切ましょう!

校舎でお待ちしております。