志望校対策【東進HS町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2019年 8月 4日 志望校対策【東進HS町田校】

 

こんにちは!

町田校担任助手の

井上結希乃です。

青山学院大学の

教育人間科学部に通っています。

 

毎日、暑くて外に出るのも嫌になりますね。

だからこそ、

涼しい校舎に来て勉強しましょう!

 

さて、今日は志望校対策のお話をします!

皆さん今は

センターの過去問を

解きまくっている最中ではないでしょうか。

基礎に不安があるからといって

センターの過去問にも触れることが

出来てない人も

いるかもしれません。

センター試験は、

二次・私大にむけての基礎力試しでもあります。

点数が低いのが怖いからと

手を出さないのは

よくないです。

はやくから試験に慣れるためにも、

自分の勉強が

ちゃんと身になっているか

確かめるためにも

センター演習を進めて下さい。

 

二次・私大対策については

はやい人では

8月から開始します。

こちらも、センター同様、

始めるのが怖い人もいるかもしれないですね。

センター試験と違って、

記述があったり、

英語の長文がとてつもなく

長かったり、、、

大学や学部によってもさまざまです。

 

わたしは

初めて第一志望の過去問を解いた時、

英語の長文が長すぎて長すぎて長すぎて

読み終わって復習して、、と

一通り終えるのに

3日くらいかかりました笑

 

はじめから第一志望の過去問を解いて

合格点をとれるひとは

そういません。

解いて、全然わからなかったら

落ち込むかもしれません。

でも、

過去問をやらずに

合格できる人はいません。

 

志望校対策でやってほしいポイントをあげます。

 

問題傾向を分析し、慣れましょう!!

 

何年分か解くと

どういう問題が多い

とか

こういう力が必要なんだな

と分かってきます。

それがわかったら、

ひたすらいっぱい解いて

慣れるのが大切です。

 

もうすこしさきになりますが、

志望校対策には

その大学だけじゃなくて

同レベルの大学の過去問を解いたり、

似た傾向の問題の

過去問を解きましょう。

問題傾向が少し違う学部や大学の

問題を解くのも

あらゆる問題に

対応する力が付きます!

 

過去問をといたら絶対に復習をしてください。

早くから過去問の

復習法を確立しましょう。

間違いノートを作って、

間違えた問題だけをまとめるのはお勧めです。

 

受験生にとって

大事な大事な夏!!

後悔のないように

やるべきことをやりきりましょう!