探求心を持ちましょう!【東進HS町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2019年 12月 12日 探求心を持ちましょう!【東進HS町田校】

こんにちは、東進ハイスクール町田校

 担任助手の井上です。

現在は立教大学経済学部に通っています。

 

近頃インフルエンザのニュースを耳にしますね。

昨日は学級閉鎖になったという話も耳にしました。

実はインフルエンザは

若い人ほど感染率は高くなるそうです。

全感染者の55%は19歳以下であるとか。

逆に、高齢であるほど重症化しやすくなるそうですよ。

 

学校などの閉鎖空間で

長時間いることで更に感染率が上がっているのでしょうね。

 

僕は既に2回予防注射を打ちました!

皆さん(特に受験生)は必ず予防注射をしましょうね。

 

 

先日の佐藤優成先生のブログは

ご覧になりましたか?

僕も来年から就職活動が本格的に始まるので、

非常に参考になりました。

 

 

 

優成先生は

「自分のやりたいことを考える」ことをやめない

ことが大切だといっていましたね。

僕からは、

やりたいことを見つけるために

「探究心を常に持つこと」

ぜひこれから始めて欲しいと思います。

まだ優成先生のブログを見ていない人はぜひ見ておいてください!

 

 

つまり、

何事にも

「なぜ?」「どうして?」

と疑問を持ちましょう

ってことです。

 

 

理系と文系の差

理系と文系

どちらが年収が高いか

知っていますか?

 

正解は

理系なんです。

 

文系の平均年収が559万

理系の平均年収が600万

 

では何故

このように差が生まれてしまうのでしょう。

 

答えは探究心の差にあります。

 

理系の方が、

何故こうなるのだろう?と疑問も持ちやすく、

それに対して調べるので

様々な知識が付き、

人としての価値が上昇するためと

言われています。

 

 

何事にも

なぜだろう?

と興味を持ち、

探求していくことで、

新しい発見があります。

 

探究心は、

自分のやりたいことを発見する上での

第1歩です。

 

 

小学生でも。

大田区立清水窪小学校は、

おおたサイエンススクールという

取り組みを開始し、

「科学が大好きな子供を育てる」

というテーマでやっているそうです。

 

サイエンスコミュニケーション

という科目を設置して

理科の様々な分野を

調べ学習していくそうです。

 

時には

東京工業大学に行って

話を聞くこともあります。

 

「知りたい!」と

探究心を持つことで

物事に対して主体的に動くことが

でき、大きな力を生みます。

 

 

これから

学校で生活していく中で、

たくさんの事が

あると思いますが、

 

それら全てに

「なぜ?」「どうして?」

と興味を持つ習慣を

ぜひ冬休みからつけてください。

 

そうすることで

自分の知らない知識や

自分自身の思いがけない発見があり、

 

自分の

「やりたいこと」を見つける

きっかけになるはずです。

 

 

 

東進ではただいま

冬期特別招待講習

無料で招待しています!

東進は部活で忙しくても、

自分の予定に合わせたスケジュールで

受講が可能です!!!

現在は2講座申込無料です。

 

詳しくは以下のバナーをクリック!!

校舎でお待ちしています!!