早起きってどうやるの?【東進ハイスクール町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2018年 8月 16日 早起きってどうやるの?【東進ハイスクール町田校】

こんにちは!

東進ハイスクール町田校担任助手の井上柚希です。

 

現在は立教大学経済学部に通っています。

 

 

今週のテーマは

「朝の活用法」でしたね。

 

昨日の清水先生のブログは読みましたか?

 

センター試験はいつもと違う会場で行われるため、

早い時間から準備をしておかなくてはなりません。

 

そのときに朝型になっていないと

100%の力を発揮できなくなってしまいますね!

 

 

少し余談になりますが、

 

芸能人の相川翔さんが

「早起きは三億の得」

という本を出されていました。

 

考え方によっては

早起きは三文どころか

さらに大きな利益を生むこともあるということですね!

 

 

ですが、早起きはいいってわかってるけど、

どうしても二度寝しちゃう…

という人もいると思います。

 

さて、私からは

「どうしたら早起きできるようになるのか?」

について書いていこうと思います!

 

 

 

余韻はいらない

 

皆さんが早起きをしようと思って一番ネックになること

 

それは先ほどもありましたが、2度寝ですね。

 

 

2度寝してしまい、

1日の計画が崩れてしまった経験

ほとんどの方にはあるのではないでしょうか。

 

どうすれば2度寝しなく寝るのでしょうか?

 

解決策は…

2度寝をしようとする隙を与えなくしてしまうことです!

 

 

人はある行動をしようと心の中で決めたら

5秒後にはしなくてもすむ言い訳を考えてしまうそうです。

 

 

朝早い時間に起きて

うとうとしながら起きてボーっとしている時間にも

頭の中では必死で

起きなくてもいい言い訳を考えているのです。

 

なので、二度寝をしてしまう人は、

朝目が覚めたら

ボーっと余韻に浸るのではなく、

とりあえず体を起こしてアクションを起こしましょう。

 

起きるということは

目を覚ますことではなく、

歩き出すこと

と定義を変えてしまいましょう!

 

また、寝る前には翌日の服や荷物は用意しておくことがお勧めです。

 

宣言をする

早起きしたいと思ってもなかなか上手くいかない人

そんな時は友達や家族に自分は明日〇時に起きる!

と宣言し、逃げられない状況を作りましょう。

 

人は基本的には他人から信頼を失うことをとても嫌います。

 

宣言し、守らなければいけない状況を作ると

次の日は意地でも起きると思いますよ!(経験談)

 

周りの人に宣言をするのは

早起きだけでなく、何か新しいことを始めるときに

非常に役に立つので、皆さんも参考にしてみてください。

 

東進ハイスクール町田校ではいつでも、体験授業や学習相談を受け付けております。

今後の勉強に対して不安を持っていらっしゃる方や、東進の授業を体験してみたい方など、大歓迎です!

町田校でお待ちしております。