全国統一高校生テストに向けて【東進ハイスクール町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2019年 6月 8日 全国統一高校生テストに向けて【東進ハイスクール町田校】

こんにちは!

東進ハイスクール町田校

2年の鈴木美帆です。

中央大学総合政策学部に通っています。

早いものでもう

6月も1週間が経ちましたね。

毎日があっという間に過ぎていくので、

やらなければいけないことに

忙殺されそうになっています…

大学生にもテストはあるので

テスト勉強をしたり、

毎回の授業で出される

課題を終わらせたり。

優先順位をつけて取り組むことが大切だと、

身に染みて感じています。

ところで、今の皆さんにとって

優先順位が最も高いことは何でしょうか。

学校の課題を終わらせること?

もしかすると、

体育祭などの行事の準備・後片付けに

追われている人もいるかもしれません。

ですが、おそらく今一番優先順位が高いものは、

明日(69日(日))に行われる

全国統一高校生テスト

だと思います!

理由は言わずもがな。

多くの担任助手が、

今まで統一テストの重要性について

話してくれていました。

まだ見ていない人は、

ぜひ過去に遡って見てみてください!

私が思う、全国統一高校生テストの重要性は2つあります。

1.自分の弱点や強み・伸ばすべきところ・対策の仕方が分かる

2.本番同様の緊張感の中、問題を解くことが出来る

1については、

受験前説明会に出席いただいた方には

詳しくお伝えしていると思います。

東進で実施している模試は

絶対評価

(まわりの受験生との比較ではなく、

志望校に合格するための点数との比較)

のため、ゴール、つまり志望校合格までの

道のりを計算しやすいという特徴があります。

昨年合格した先輩との比較もあるため、

自分はあと何点伸ばせばいいのか

という目標を明確に立てることが

出来るのも魅力の1つです。

とにかく帳票(模試の結果)の

データが膨大なため、

帳票をしっかり分析することが出来れば

自分の学力をもっともっと伸ばすことができます。

2については、

少し想像してみてほしいと思います。

入試本番、

全く知らない部屋、

誰も知り合いがいない環境の中、

入試問題を解いて合

格点に達しなければいけない。

そのような状況に置かれるだけで

「本番なんだ」

という意識になり、

思っているよりも

緊張してしまうことがあります。

入試本番で急にそのような環境に置かれるよりも、

何回か練習をしておく方が

心の準備になる気がしませんか。

その観点からいくと、

学校ではなく外の会場に行って受ける

全国統一高校生テストは、

格好の練習場だと思います。

さて、

ざっと全国統一高校生テストの重要性を

お話してきましたが、

最も大事なのは

まずは受けることです!

自分の今持っている最大限の力を出すためにも、

備はとても大切です。

思いつく限りの持ち物チェックシート

載せておくので、

ぜひ参考にしてください!

 

テストを受験した後は、

先ほども述べた通り結果を分析しましょう!

東進では、

帳票返却面談

というものを行っています。

これは、帳票を元に

まだ伸びしろがある部分を特定し、

伸ばしていくための方法を

一緒に考える面談になっています。

スタッフと実際に話すことが出来る機会なので、

ぜひ不安に思っている部分なども質問してください!

(帳票返却面談の日時は、テスト当日にお知らせします)

さらに、現在東進では

夏期特別招待講習

というものを行っています。

帳票を分析した結果見えてきた伸びしろを、

東進の授業を使って伸ばしてみませんか?

これらはいずれも全て無料

受けることが出来るので、

ぜひぜひ活用してみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、

明日の全国統一高校生テスト、

頑張っていきましょう!!