春休みがラストチャンス【東進ハイスクール町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2019年 2月 15日 春休みがラストチャンス【東進ハイスクール町田校】

こんにちは。

東進ハイスクール町田校の熊崎慎太朗です。

横浜国立大学の理工学部1年です。

 

 

時間が過ぎるのは

早いもので、

2月も後半に入りました。

高校生の皆さんは、期末テストの

準備をする頃でしょうか?

 

 

おととい、私の大学でも

期末テストがようやく終わり

春休みに入ります。

 

大学1年生の、

この1年間を振り返ってみると、

とても早かったな、と感じます。

 

この前入学したと思ったら、

もう1年が経ってしまいました。

 

充実した1年でしたが、

自分自身ではもっと上手に

時間が使えたかな、

とも思っています。

 

 

 

ここで、突然ですが、高2生の方々、

自分たちの受験まで

まだ1年あると思っていませんか?

 

 

 

現在入試真っ只中の

3生に聞いてみると、

1年経つの早かった」と言っています。

 

もちろん、1年間

一生懸命勉強を続けてきたからこそ

早いと感じるのだと思います。

 

 

そんな、あっという間に過ぎてしまう

受験生活をまだ始めていない人、

この春休みで始めないと、

はっきり言って遅いです。

 

 

これを読んでくれている人の中にも

3になる前に

塾入った方がいいかなと

考えている人がいると思いますが、

本当にこの春休みが”ラストチャンス”です。

 

 

模試での偏差値が良くて

自分は大丈夫だと思っている人、

大きな落とし穴にはまる可能性があるので

気を付けてください。

 

 

2までで受けた模試は、

まず、受けている人が少なく

3になると、模試を受け始める

上位生がいくらでもいます。

 

この春休みで

遊んでばっかりで

勉強しないとなると

しっかりやっている人との差が

開くばかりです。

 

特に、多忙な部活生は

この機を逃すと

次に受験勉強を始めるとなると、

夏休みになってしまいますから

圧倒的な時間の差が

生まれることになります。

 

 

逆に、春休みから勉強している人は

周りに差をつけることができるということです。

 

どちらになるかは

あなた次第です。

 

手遅れになる前に

行動に移しましょう!

 

ここまで、

現在高2生の人に

対してお話してきましたが、

1生の方々、

なんといっても

大学入試共通テストが

行われる最初の世代ですから

もちろんこちらも

早くから手を打たなければなりません。

 

実際には、

こんな問題が出ると言われています。

 

 

これは数学の例ですが、

従来のセンター試験に

比べると、

記述式の問題があることに加え

複数選択問題もあります。

 

おそらく

学校ではまだ

そのような対策はしていないはずです。

 

しかし、

東進ハイスクールでは、

今からその新テストの

対策ができます。

 

対応する講座もありますし

模試も行われます。

 

この春休みで

スタートを切ろうと

思っている方へ、

ただいま東進では

新年度特別招待講習

の申込を受け付けております。

 

ぜひ、一度

校舎までいらしてください、

お待ちしております。