模試の復習方法【東進HS町田校】 | 東進ハイスクール 町田校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール町田校|東京都

2021年 9月 9日 模試の復習方法【東進HS町田校】

皆さんこんにちは!

東進ハイスクール町田校担任助手3年の佐々木翔生です。

最近、体重をはかってみたら、

一時期に比べて4 kg近く痩せていたので

びっくりしました。

あんまり痩せていると体に良くないので

まずはきちんと一日3食

食べるようにしたいと思います。

これから寒くなってくるシーズンなので、

みなさんもきちんと食事をとって

体調には気をつけてください。

さて、今回は

模試の復習方法について

ブログを書いていきたいと思います。

受験もだんだんと近づいてくるということもあり、

秋にはたくさんの模試があります。

夏には大学別模試がなかった大学の

大学別の模試も秋になると開催される

ことは非常に多いです。

模試をたくさん受けながら、

自分のやらなければならない勉強も

こなさなければならず、

非常に大変になります。

そのため、効率的に模試を復習して、

せっかく時間を割いて受けた模試を

無駄にしない努力は必要であると思います。

そのため、僕が受験生のときに

模試を復習する際に

気を付けていたこと3つを

紹介していきたいと思います。

その1   1回目の復習は模試を受けた翌日までに終わらせる

まずは、すぐに復習を終わらせましょう。

模試を受けて疲れていようと、

結果が悪そうでへこみそうであっても、

とりあえず全科目丸付けをして、

一番やばそうな科目はその日中に

復習を終わらせてしまいましょう。

先延ばしにしていると、それが負担となって

他の事が集中できなくなるので、

さっさと終わらせてしまいましょう。

その2   間違えノートを作る

間違えた問題を解きなおしても、

時間がたつと忘れてしまうので、

自分が間違えやすいところは

ノートにまとめておきましょう。

手を使って書くと、記憶にも定着しやすいです。

まとめる際に注意することは

時間をかけすぎないようにすることと、

まとめてもあんまり意味ない科目は

間違えたところを全て完璧主義にまとめないこと

だと思います。

自分しか読まないノートなので、

後で自分がわかれば十分であるため、

カラフルに科目別にノートを分ける必要も

特に感じないですし、

英語とかはあんまりまとめても意味ないかなと

個人的には思います。

(同じ英文が出題される確率は雷に打たれるくらい低いはず)。

その3    定期的に復習する

模試を復習するタイミングは

3回あるといわれています。

1回目は模試を受けた直後、

2回目は成績表が返ってきたとき、

3回目は入試直前です。

模試は予備校が入試で出そうだなと思った問題を

集めて出しているものです。

そのまま、大学入試にでる可能性もあります

(特に大学別模試は特にそう)。

もし、そのまま入試にでたとき

周りはきちんと復習していて解ける状態になっているのに

自分は解けないとなるとすごい差になります。

まずは、上記の通りに定期的に3回くらい復習して

一回やった問題は解けるようにしておきましょう。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

また、現在東進ハイスクールでは、

1日体験を実施しています!

夏休みに予備校を探したけど、

なかなか決められなかった高校生の皆さん!!

あの一流講師の授業を東進で体験してみませんか?

少しでも興味があったら、下のバナーをクリック!!!

↓    ↓    ↓