模試は受けた後が勝負!【東進HS町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2020年 6月 26日 模試は受けた後が勝負!【東進HS町田校】

「とりあえず受けたけど復習するやる気が起きない」
「結果さえわかればそれで満足」

模試の結果が返ってきた後、
そんな風に考えてしまっていないでしょうか。

模試の活用の仕方次第で成績の上下は大きく変わります。

こんにちは!
4年生担任助手の芦田隼高です!

先日は全国統一高校生テストが行われました。
受験された皆さんお疲れ様でした。
もしくは受験した後が本当の勝負で、

この先で模試を生かせるかどうか次第で

成績を伸ばすことができるかどうかが決まります。

 

模試を受けておしまいと言う状態は、

GPSを使って自分の現在地をして

目的地への行き方を知らないまま

突っ走ろうとするようなものです。


現在地を知るのは

目的地として行きたいところがあるからで、

そこへの行き方や時間に間に合うかなどを

計算するために現在地を知るはずです。

 

もしも同じように、

自分の現状を知ったのであれば、今度は

目標とする第一志望校へ向けてどう行動するか

決めなくてはなりません。

 

そこで今日は模試の具体的な活用の仕方

についてお話をしていきます。

①課題を明確にすること

まずは模試の結果を踏まえて

具体的にどこに課題があるのかを明確にしましょう。

帳票の得点だけでは現れない時間的な振り返りは必要です。


例えば全てできて80点取ったと思って計算ミスの60点

適当にやってたまたま合っていたときの60点とでは

解釈の仕方が大きく異なるはずです。

 

そこで模試が終わった後で

次のようなやり方でもしを取り直してみてください。

⑴時間を無制限にしてみる

まず知識の問題なのか時間の問題なのかを

はっきりさせるために時間を一旦無制限にして

模試の時直しをしてみてください。

そこでいくら時間があっても

問題に手がつけられないようであれば

知識や定石に原因があると考えられます。


⑵教科書を見ても良いことにする

続いて教科書を見ながらでも

問題を解いてみるようにしてみてください。

これで解くことができれば

単純にインプットするものが曖昧だったのが減点の原因

とすることができます。

知識の問題ではなく、

知っている知識をどのように応用するかが

問題なのであれば

とにかく演習をすることに注力していくべき

だと判断することができます。

得点の数字だけではなく

具体的にどういうところが各科目ごとに欠けているのかを

明確にすることで次とるべき行動は決まってくるはずです。

 

②反省したら忘れて行動するのみ

振り返りをして、

やらなくてはならないことが

明確になったら今度は行動に起こすのみです。


一回の模試で落ち込む必要は全くありません。

むしろ模試は練習なので、

次につなげることの方がよっぽど大切です。
取ってしまった得点に対して一喜一憂することなく、

明確化した行動を実践していくことだけを

考えるようにしましょう!

 

今日は模試の活用の仕方についてお話をしてきました!

「自分で何をしていけばいいのかわからない」

そんな方はぜひ招待講習を体験してみてください!