睡眠の質を高めていこう!!【東進ハイスクール町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2019年 12月 14日 睡眠の質を高めていこう!!【東進ハイスクール町田校】

 

 

こんにちは!

首都大学東京(東京都立大学)の

経済経営学部に通う

担任助手の水澤秀太です!

 

センター試験まで残り1ヶ月ですね・・・。

みなさん!勉強の方は順調ですか?

限られた時間の中で一番点数を伸ばせるように計画を立て

学習していけると非常に良いと思います。

また、「一日で○点伸ばす」という意識も大切です。

もし、一日で5点伸ばそうとして学習が出来たならば

30日間で150点も伸ばすことが出来ます!!

自分の過去の教材などを見返して、丁寧に復習していきましょう。

 

さて、そんな中、皆さん体調の方は大丈夫でしょうか?

受験はコンディションが大切です!

そしてまだ受験生ではない方は、

夜更かしなどは大丈夫でしょうか?

ゲームなどの長時間の画面なども気をつけてください!

睡眠の習慣は後の生活に大きな影響を及ぼします。

そこで本日のブログでは「質の良い睡眠をとるには」

ということについてお話します。

実践できそうな項目がありましたら、ぜひ実行してみてください!!

 

① 窓辺で朝ごはんを食べると素早く脳が目覚めてくれる!?

朝が来たことを脳に認識させるためには強い光が必要ですが、

一般的な部屋の明るさは必要量の2~5分の1程度。

これでは脳がなかなか目覚めてくれません。

しかし、窓から1m以内の場所に行けば、

充分な光の強さになるそうです。

少し近づくだけでも随分違ってきます。

部屋にいると中央が定位置になりがちですが、

朝食を窓際でとるようにすれば脳がすばやく活性化し、

朝イチの勉強もはかどるはずです。

自分も朝に日光を浴びるように心がけていました。

 

ちなみに、朝の目覚めにいい食べ物はハチミツなどがあります。

朝は胃腸の働きが弱りがちです。

ここでオススメなのがティースプーン1杯ほどのハチミツです。

即座に脳の栄養へと変わるので朝の勉強にもよく効きます!

 

②いびきは良い睡眠を妨げ、日中の眠気やだるさの要因にもなる!?

 

睡眠中にかくいびきは無自覚な場合がほとんどなので、

かいている間も普通に眠れているかのように感じます。

しかし、いびきとは睡眠障害の一種です。

睡眠関連の呼吸障害に分類されていて、

良い睡眠を妨げる大きな要因となっています。

ひどくなると日中にも眠気やだるさ、

集中力の低下といった、

さまざまな弊害が現れてしまうこともあります。

いびきの症状は人それぞれですが

まずはできることから防止に努めましょう。

具体的には食べ過ぎに注意してください。

食べるのが早いと、脳に満腹だという信号が伝わる前に過食してしまうので

ゆっくり食べることを心がけましょう。

後は、鼻呼吸で眠れるようになれば、

いびきを抑えることが可能となります。

また、口呼吸を防ぐ専用テープも市販されています。

ただし口に直接貼るものなので、肌が弱い人は注意をしてください。

 

③寝る前のホットドリンク

そして寝る前にホットドリンクを飲むことも良い習慣です。

ただしカフェインはないものにしましょう!

自分はホットミルクを頻繁に飲んでいました!

 

さて、ほかにも様々工夫できる点があります。

是非試してみてください!

 

さて、東進ではただいま

冬期特別招待講習

無料で招待しています!

東進は部活で忙しくても、

自分の予定に合わせたスケジュールで

受講が可能です!!!

現在は2講座申込無料です。

 

詳しくは以下のバナーをクリック!!

校舎でお待ちしています!!