自信をつけよう!【東進ハイスクール町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2019年 1月 28日 自信をつけよう!【東進ハイスクール町田校】

 

こんにちは!

東進ハイスクール町田校の黒田です。

 

中央大学 理工学部 経営システム工学科に通っています。

 

 

最近はインフルエンザにかかってしまう

人が増えていますね。

 

納豆を毎日食べるとインフルエンザに

なりにくいそうなので、予防するのに効果的な

食べ物を取るということもしてみてください!

 

 

 

さて、新高校3年生、2年生のみなさんは

合格する人はどのような人か

考えたことはありますか?

 

 

・基礎力がきちんと身についている人

・応用問題も対応できる人

・時間配分ができる人

・集中力がある人

・努力できる人

 

というのを思いつくと思います。

 

 

受験を経験した私の考える合格する人とは、

「本番に自信を持って挑める人」です。

 

 

ということで、今回は

自信を持つことについてお話ししたいと思います!

 

自信とは

 

 

辞書で調べてみると、自信とは

「自分で自分の能力や価値などを信じること」

と出てきます。

 

 

例えば、学校のテストや模試で

得意科目やしっかり勉強した科目のときは、

自信があるので解くのが楽しみだったり、

解いた後に達成感が得られます。

 

 

反対にあまり勉強していない科目は、

自信がなく、解けるか不安になったり、

テストから逃げたいという感情が生まれます。

 

 

また、自信を持つことで以下のような良いことが得られます。

・視野を広く持つことができる。

・落ち着いて冷静に対応できる。

・正しい判断ができる。

・上手くいきそうな気がする。

・良いパフォーマンスを発揮できる。

 

 

自信がないよりもあった方が、

良い結果を残せるというのがわかると思います。

 

 

 

自信をつけるには?

 

自信をつけるには、

根拠のない自信からスタートして

本当の自信を身につけていく

という方法もあります。

また、自信は思い込みの部分も

大きいと言われます。

 

 

しかし、客観的な根拠もないのに

自信を持てるのは短期間だけです。

少しずつ焦りが出てきてしまい、

自分をごまかすことができなくなってしまいます。

 

 

では、どうすれば本当の自信を

持てるのでしょうか。

 

 

一つの方法として、

「毎日しっかりやるべきことをしっかりやり切る」

ということがあげられます。

 

 

やろう、やりたい思うだけではなく、

やる、やったという行動が必要です。

 

 

毎日決めた時間、決めた量を

きちんと守って地道に努力を続けた、

どんなにつらくても諦めずに続けたと

胸を張って言えれば、自信があるといえるでしょう。

 

 

試験本番で、あの時さぼっちゃったなとか、

あの時もっとやってればと思ってしまうと、

自信がなくなり実力を出せなくなってしまいます。

 

 

しかし、毎日しっかりやりきっていれば、

これだけ頑張ったから大丈夫と自信を持てると思います。

 

 

試験本番で頼れるのは自分自身であり、

その頼れる自分を作るためには、今の自分の行動が重要です。

 

自信を持てるよう、日々の努力を怠らないようにしましょう!

 

 

ただいま東進ハイスクールでは

新年度特別招待講習のお申し込みを

受け付けています!

 

最大3講座無料で体験できますので、

自分の得意科目を伸ばすためや、

苦手科目の克服にぜひ活用してください。

 

詳しくは下のバナーから☆