試験本番で実力を発揮するには~林田ver.~ | 東進ハイスクール町田校|東京都

2020年 1月 18日 試験本番で実力を発揮するには~林田ver.~

こんにちは!

担任助手1年の林田喬介です。

現在、慶應義塾大学法学部法律学科に通っています。

 

とうとうこの日がやってきました!

受験生にとっては、センター試験本番、

新高3生以下にとっては、センター試験同日体験受験。

今ブログを読んでいる皆さんは、

受験前でしょうか?受験後でしょうか?

これから受験を控える皆さんにも、

明日以降の受験に向けて、気持ちを切り替えようとしている皆さんにも、

参考になるブログを書いていきたいと思います。

 

さて、本日のテーマは”試験本番で実力を発揮するには“です。

私事ながら、センター試験は惨敗でした。

センター利用で抑える予定だったMARCHは1つも合格をいただけず、

ましてや、採点ミスもあって、

受験プランを変更し損なってしまいました。
(結果的に、国立×1、慶應×2、早稲田×4、上智×3、中央×1に出願…)

正真正銘の背水の陣でした。

しかしながら、センター試験以降は挽回して、

控えめにいっても上手くいった(笑)と個人的には思っています。

そんな僕が、試験本番で意識していたことを述べさせていただきます。

 

<迷わない自信>

自分の力を信じる心『マヨワナイジシン』
(↑わかる人には、このネタのソースがわかるかと…)

親や先生、我々担任助手は家庭教師のように、

皆さんが逐一何をしているのかまで把握しているわけではありません。

もちろん、皆さんが努力してきたことは十分承知していますが、

その努力を評価する際に、模試などの結果を無意識に介在させてしまいます。

要は、自分の努力そのものだけを評価できるのって自分だけなんですよね…

試験本番までは、

どんなに勉強しても、

過去問でどんなに良い点が取れても、

不安に駆られると思います。

(実際、僕もそうでした…汗)

しかしながら、本番まで自分にストイックに(不安に)なる必要なんてないと思います。

確実に受かる保証はないかもしれない、

でも、少なからず合格最低点は取れるようにしてきた。

そんな自分を褒めたたえて、

自分に自信を持ちましょう。

これこそが、僕が伝えたい自分の力を信じる心『マヨワナイジシン』です。

 

以上が、“林田流”“試験本番で実力を発揮するには“でした。

Would you like me to give you a formula for success? It’s quite simple, really. Double your rate of failure. You are thinking of failure as the enemy of success. But it isn’t as all. You can be discouraged by failure – or you can learn from it. So go ahead and make mistakes. Make all you can. Because, remember, that’s where you will find success. by Thomas J. Watson

皆さんは、これまでたくさんの失敗をしてきたと思います。

だからこそ、最後は自分に自信を持って試験本番に臨んでみてください!

 

また、受験勉強の仕方がわからない!という方!
東進では
新年度特別招待講習を行っています。
最大で4講座(20コマ)を

無料で受けられる機会になっています。

 

授業だけでなく、授業後には
スタッフとの面談があるので、
気軽に勉強についての質問も出来ますよ!

以下のバナーから受け付けていますので、
ぜひお申し込みください!

お待ちしております!