追い込み勉強法【東進HS町田校】 | 東進ハイスクール 町田校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール町田校|東京都

2021年 10月 23日 追い込み勉強法【東進HS町田校】

 

 

皆さん、こんにちは!

 

町田校担任助手1年の

 

宮脇健です。

 

法政大学

 

社会学部社会政策科学科

 

に通っています。

 

最近は急に寒くなりましたね。

 

夏より冬の方が個人的には好きなので

 

やっときたな!って感じです。

 

“冬が来た“

 

ということは

 

着々と受験する日が近づいているということも意味してきますよね。

 

 

そこで今回は

 

「受験生に向けた、追い込み勉強法」

 

についてお話していこうと思います。

 

追い込み勉強法といっても

 

寝る時間を削って勉強時間を増やすのは

 

あまりオススメはしないです。

 

寝る時間を削ってその結果

日中集中できなくなり、風邪をひいてしまって勉強できなくなってしまう

ということが起きてしまったら1番最悪ですよね?

 

なので今回

 

宮脇が考えた追い込み勉強法は

 

“隙間時間を活用する”

 

です!

 

隙間時間をうまく活用することによって

 

寝る時間を減らさず追い込みできると思います。

 

まず前提として、

 

受験生は平日は約5時間、休日は約10時間以上勉強できていますよね?

 

そこからプラスして1~2時間増やすことができると思います!

 

隙間時間って考えてみると

 

意外と日常にあると思います。

 

学校に登下校する時間

 

ご飯を食べている時間

 

などなど

 

作ろうと思えば時間は作れると思います。

 

主な隙間時間は先ほど紹介した2つだと思います。

 

自分も受験生だった時は

 

この2つの時間を使って勉強してました。

 

私は登下校するのに電車で1時間ほどかかっていたので

 

その時間に英単語帳を見たり、文法書を電車に乗っている間見てました。

 

そして学校でご飯を食べる間には日本史の資料集見てました。

 

このように隙間時間を使えば1日大体2時間は確保できると思います。

 

この時間が積み重なっていくと膨大な時間になると思います。

 

10月23日時点で共通テストまで残り84日です。

 

隙間時間を活用していくと

 

84×2で168時間も多く勉強することができます。

 

168時間はなかなかの時間だと思います。

 

ここで他の受験生と差をつけることで、

 

最後のところで1点多く本番で取れると思います。

 

隙間時間をうまく活用する

 

ことで

 

合格に1歩近づけると思います。

 

皆さんも隙間時間をうまく活用

しましょう!