隙間時間の有効活用【東進HS町田校】 | 東進ハイスクール 町田校 大学受験の予備校・塾|東京都

2022年 11月 19日 隙間時間の有効活用【東進HS町田校】

こんにちは

担任助手2年の

宮脇健です。

 

最近ではぐっと寒くなり

体調を崩す人が多くなります。

受験生は体調管理を万全に

もちろん低学年の皆さんも

定期テストが近いと思うので気を抜かずにいきましょう!

 

今日は、

隙間時間の使い方

について書こうと思います!

 

隙間時間って、思ったより

日常にたくさんあると思いませんか?

 

私も高校生の頃、受験勉強をする上で、

隙間時間を有効活用できたから

合格できたのではないかと思うくらい、

隙間時間の勉強は大事だと思います。

 

まず、私が使っていた隙間時間

その1は高校への登下校の時間です。

私は電車通学で、遠くの学校に

行っていたので往復で2時間ほど

かかっていました。

 

次に、ご飯を食べてる時間です。

ご飯の時も!?と思うかもしれませんが、

ご飯の時間も無駄にはできません。

それくらい本気なら

ご飯を食べながらでも参考書を見たり、

眺めるだけでもいいのでするべきですよ!

 

日常生活の中でも

歯磨きをしている時や、

ドライヤーをしている時などに、

片手で参考書を見れる

ということに気づいたので、

そうしていました。

 

これらの時間を合計すると、

登下校で2時間、

1日のご飯の時間で1時間、

ドライヤー、歯磨きなどの時間で30分

と考えると、1日の隙間時間の合計は

3時間半にもなります。

 

隙間時間を意識するのと

しないのでは3時間半も

1日で勉強時間の差がつくと考えると、

もはやこの時間の差は

隙間時間レベルではなくなります。

 

1日11時間半勉強している人と

15時間勉強している人の差ですから

相当大きいでしょう。

 

これがさらに1週間、

1ヶ月と積み重なると、

1週間では24時間ほど、

1ヶ月では105時間もの差になります。

105時間というと約4日分ですから、

今から計算すると国公立志望の人だと

1科目にかけられる時間の

ほぼ大半を占めています。

 

隙間時間を活用するだけで

1科目完成させることができる

と考えるとすごい差になりますよね。

隙間時間を有効活用

することは合格に近づく

ということが

お分かりいただけたでしょうか?

みなさんも隙間時間を

有効活用していきましょう!

 

明日のブログ更新は小坂先生です!

お楽しみに〜

 


 

 

現在

東進ハイスクールでは

冬期特別招待講習、体験授業の申込を

受け付けています!

冬休みに苦手を克服したい方や

本気で勉強を始めたい方は

以下のバナーをタップ!

↓      ↓      ↓

 

月別アーカイブ