集中して勉強に取り組むためのテクニック【東進HS町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2020年 11月 12日 集中して勉強に取り組むためのテクニック【東進HS町田校】

皆さんこんにちは!

町田校担任助手2年佐々木翔生です。

現在、慶応義塾大学理工学部に通っています。

町田校のブログでは

更新者の写真を

最初に挿入するのがルールなのですが、

僕は写真が嫌いなので

数か月挿入していませんでした。

久しぶりに気まぐれで撮ってみたら

僕すごい変な方向向いてますね。

どこ見ているんでしょう、、、

自分でも分かりません。

さて、時の流れは早いもので、

もう2020年もおしまいですね。

今年はコロナによって

かなりイレギュラーな動きを強いられました。

ニュースを見ていると、

コロナウィルスのワクチンの開発が

徐々に進んでいるみたいですので、

来年以降は通常通りの生活ができるといいですね。

そのためには、

まずこれ以上の感染を広げないことが大切ですので、

軽率な行動は僕も自粛したいと思います。

さて、そろそろ本題に入っていきましょう。

今回は低学年の生徒向けに

集中して勉強するための

テクニックを

紹介していきたいと思います。

低学年の皆さん

一日に何時間くらい勉強していますか?

部活がない日は

そこそこ勉強できているけど、

部活があると疲れちゃって

まったく勉強できていないなぁ

っていう人や、

部活とか関係なく

まったく勉強していないぜ!

という強者もいるかもしれません。

また、机には一丁前に向かっているけど

まったく集中できていない

という人もいるかもしれませんね。

僕もなかなか集中力がない

タイプの人間なので、

その気持ちはよーくわかります。

ですが、受験勉強というのは

時間との戦いです。

よく、学力の差は時間の差といわれています。

人よりも多くの時間、集中して勉強することが

学力向上につながることは

いうまでもないですよね。

また、1時間勉強時間を増やすよりも、

いま行っている勉強の質を見直す方が、

簡単であるはずです。

そこで、今回は集中しながら、

無理なく勉強を続けていく方法

いくつか紹介したいと思います。

その1 ポモドーロテクニック

 まずこのテクニックをするためには

タイマーが必要です。

そしてタイマーを

30分セットしましょう。

タイマーをスタートして

その30分は集中します。

そして、30分終わったら、

数分休憩して、

また30分セットしてまた集中しましょう。

これは

ポモドーロテクニックと言われています。

基本的に人は

長時間集中できない生き物です。

長時間集中しているように見える人は

短時間の集中を繰り返しているだけなのです

時間で勉強時間を管理して、

短時間の集中を何度も繰り返し、

勉強を質の高いものにしていきましょう。

また、できるだけ休憩時間も

タイマーで測るのが良いです。

その2 タスクシフト

前述したポモドーロテクニックの

延長戦にあるテクニックですが、

30分の1セット終わるたびに

やるタスクは

少しずつ変えていくのが良いです。

(ただし、過去問演習等は

30分が過ぎてもしっかり解きましょう。

一番優先すべきなのは試験時間です。)

その理由として、

人は同じようなタスクを

ずっとやっていると

そのタスクに関する

モチベーションはどんどん下がっていき

逆に別のタスクに対しての

モチベーションは上がっていくからです

モチベーションが下がった状態で

やっても身につかないですし、

勉強嫌いが加速する原因になるになるので、

適度にやるべき勉強に

集中できるような

工夫をしていきましょう。

これらの2点を

一つの参考に

自分の集中力がもつような

科学的な工夫を調べてみましょう。

今の時期から

自分なりの勉強スタイルを

見つけていると受験生になったとき、

周りに一歩差をつけることができると思います。

―――――――――――――――――――

現在東進ハイスクールでは

冬期特別招待講習

を行っています。

12/11までのお申し込みで

東進の講座(90×5コマ)

が最大3講座まで

無料

で受けられます!

東進ハイスクール町田校は

IT授業なので、

自分のスケジュールにあった

好きな時間に受講ができます!!

詳しい内容、
お申し込みは

以下のバナーをクリック!!