集中力を最大化する行動3つ【東進ハイスクール町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2020年 2月 9日 集中力を最大化する行動3つ【東進ハイスクール町田校】

こんにちは

東進ハイスクール町田校

担任助手1年の大野麻莉菜です。

横浜市立大学理学部に所属しています。

今日はタイトルの通り

集中力

についてお伝えしていきます。

東大合格者の約6割

受験で一番大事なこととして

集中力」を挙げたという

調査結果があるそうです。

日本で最難関とされる試験を

攻略した人の多くが

言っていることなら、

重要視しないわけにはいきませんよね。

ということで、

誰でも明日からすぐにできる3つの行動

を紹介します!

①時間を細かく区切る

私たちの集中力というのは

90分が限界といわれています。

そのため、

無理に長期集中しようとするよりも、

あえて時間を細かく区切り、

短期集中を繰り返すことで

情報処理量を増やすことが有効です!

具体的には15分や

30分取り組んだら

5分休憩をいれるなど

してみましょう。

休憩中はちょっと

立ち上がったりして、

取り組んでいたことから

頭を切り離すとよりよいそうです。

②集中する対象を明確にする

集中というのは

漢字からも分かるように、

思考を一つに集めている

状態をいいます。

この状態をつくるには、

集中したいこと以外のことを

切り捨てることが必要です!

暗記なら暗記、

復習なら復習、

理解なら理解

といった具合です。

この対象(目標)を

明確にすることで

集中に入りやすい

状況がつくれます。

より意識的に

取り組むには、

目標をふせんに書いて

貼っておくと

いいそうです。

さらに、

「単語を暗記する」

よりも

「単語を30個暗記する」

のように数値で

目標を具体化すると

成果が出やすいという調査もあります。

是非取り入れてみてください!

③食後30分を利用する

朝ご飯の後やお昼ご飯後

だらだらしがちなその時間に、

実は集中力が

高まっています!!

これは血糖値の

関係だそうです。

この30分を毎日

しっかり利用できれば

1週間で210分

集中できたことに

なりますよね。

1か月、3か月、1年と

続けていけば

大きな力になるのでは

ないでしょうか。

現在、東進ハイスクールでは、

新年度特別招待講習を行っています。

今お申し込みいただくと、

最大4講座分の授業を

無料で受けることができます。

加えて、毎回スタッフと

面談をしていただきますので、

気軽に悩みなどを相談することもできます!

今までとは違う環境下で、

今までとは違った自分を見つけてみませんか?

詳細・お申し込みは以下のバナーをクリック!

町田校でお待ちしています!