集中力を高める食べ物とは!? | 東進ハイスクール町田校|東京都

2019年 10月 18日 集中力を高める食べ物とは!?

んにちは!

首都大学東京

経済経営学部

に通っています担任助手の水澤秀太です。

 

昼夜の寒暖差が激しくなってきましたね。

体調管理も難しくなる時期です。

上着など忘れないようにしましょう!!

カイロなど携帯してもいい時期ですね。

 

さて、センター試験まであと92日ですね!(10/18現在)

学習は捗っているでしょうか??

不安になる時もありますよね。

(僕も自分の成績に自信がなくなる時期でした・・・。)

不安な時は頼れる友人や先生(もちろん東進の先生も!)

相談してください!

 

ここで自分から「学習に役立つ食べ物」をご紹介します!!

勉強が捗らない時、リフレッシュするためにも

参考にしてみて下さい!

 

①チョコレート

チョコレートには脳のエネルギー源となるブドウ糖が多いほか、

集中力や記憶力を高めるカフェインの一種

(テオブロミン)も含まれているため、

集中力アップに最も効果的な食べ物です。

食べて30分程度で集中力を発揮するため、

普段の勉強から試験前まで幅広い場面で活躍します。

香りにも集中力を高める効果があるため、

あまり好きではないという人は香りを嗅ぐだけでもOKです!

 

集中力アップの効果を高めるには、

チョコレートの中でもミルクチョコレート

良いと言われています。

さらに、ピーナッツやアーモンドなどの

ナッツ類が入っているものであれば、

脳の機能を活発にする働きも加わり、

一石二鳥です。

ただし、チョコレートの効果は食べてから

1時間でピーク迎え、

2時間後には効果が減少し始めるので、

連続した勉強や試験の時は計画的に食べましょう!

 

②バナナ

バナナは糖質が含まれるだけでなく、

脳を活性化させるトリプトファンが含まれています。

これは、集中力を高めるホルモン

セロトニン」の材料であるため、

積極的に取り入れたい食べ物です。

手軽に食べられる果物なので、

食後のデザートとしても

おやつとしても取り入れやすいという点もポイントです。

また腹持ちもいいので昼食におススメです!!

③ガム

メジャーリーグの野球選手などが

ムを食べながらプレーをしている姿を見たことがありますよね!

実は集中力アップのために取り入れられています。

ガムを噛む咀嚼行動は

リラックス効果をもたらし、

さらに脳の運動にもなるため、

高いパフォーマンスを引き出すことができるのです。

ガムを噛むことによって集中力が高まるということは、

医学研究でも明らかになっています。

 

④ドライフルーツ

ドライフルーツって意外ですよね!

実はドライフルーツに含まれる糖質は脳の栄養となり、

さらに噛むことで脳を刺激するため、

ダブルの効果で集中力アップに役立ちます。

ビタミンや食物繊維も含まれているので、

不足しがちな栄養を手軽に補えるという点もメリットです。

購入する時は加糖されているものではなく、

できるだけ余計な材料が入っていない物を選びましょう。

 

ドライフルーツにも様々な種類がありますが、

特にオススメなのがビタミンCの多く含まれるフルーツです。

人はストレスを感じるとビタミンCを消費するため、

ドライフルーツで補うと集中力が長続きします。

ビタミンCが多く含まれるフルーツは、

オレンジ、イチゴ、キウイ、リンゴ、柿などがあります。

 

以上が僕のおススメする食べ物4選でした。

ぜひ試してみてください!

 

ただいま、東進ハイスクールでは

10/27(日)に実施される

全国統一高校生テストの無料募集中です!

模試にも是非チョコレートなど

持ち込んで最大限の力を発揮して下さい!!

詳細は以下のバナーをクリック!

申込お待ちしております!!