夏はどのくらい勉強する?【東進HS町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2018年 7月 22日 夏はどのくらい勉強する?【東進HS町田校】

 
 
こんにちは!
東進ハイスクール町田校担任助手4年の梶原雄大です。
早稲田大学の法学部に通っています。
 
夏休み、皆さんはどのように過ごそうとお考えでしょう?
 
海・川やプール、山のレジャー、観光地を巡る、旅行、テーマパークで遊ぶ、、
(今年の夏は非常に暑いので気をつけてくださいね)
 
受験生の皆さんはもちろん勉強ですよね!?!?
 
高校0・1・2年生の皆さんにとっても、
当たり前の話ですが夏休みは勉強に時間をたっぷり割くことができる
非常に重要な機会でもあります。
 
なんと言ったって、自由に自分のやるべき学習ができる、
一年で最も長いお休みですからね!
 
では、具体的にはどのくらい受講すべきなのでしょうか?
 
 
 
上記のスライド、東進町田校の生徒の低学年の皆さんなら一度はみたことありますよね??
 

受験生の皆さんは、1

15時間
勉強し、センター試験レベルの所謂「受験勉強の基礎」を完成させていきましょう。
 
やることはたくさんあると思いますので。効率よく学習を実施してほしいと思います。
そんなとき、以下のようなスケジュール帳を活用しましょう
(以下の写真は東進のGMTGで生徒が活用しているシートです)
 
 
自分のやることを明確にし、整理してやりきるために行動していくためにも、
リスト化してしまうのはおすすめです!
 

高校2年生の皆さんは

4~5時間は学習できるといいですね。
学力の差は能力の差ではなく時間の差です。
遊びたい・部活に打ち込みたい等の感情はあるかもしれないけれど、
高校2年生の皆さんもできる限り勉強時間を稼いでいきましょう。
 
量は稼いだとしても質も重要なので上記のようなスケジュールをきちんと立てながら、内容をこなしていきましょう。
 
高校二年生の皆さんはセンター試験が新テストになる関係で浪人ができない(浪人するとさらに大学合格が難しくなる)代になります。
(どのような力が必要なのかは下記高校一年生の内容を参照)

受験は先手必勝で、頑張っていきましょう!

 

高校1年生の皆さんは

この夏ぜひ積極的に大学を調べ、一学期生んでしまった苦手やわからないところを解消しておきましょう!
 
高校1年生のみなさんが受験する大学入学共通テストは現行のセンター試験よりも難しい
(実践的な能力が問われる)内容になっています。
 
ぜひ、この夏は、苦手を克服しつつ、様々な単元ジャンルに触れて知見を深める時期にしてほしいと思います。
文系に進むと決心している人も、数学の苦手はきちんと解消していきましょう。
 
また、英語に関しては4技能(読む・聞く・書く、に加えて話す力)を磨いてほしいと思います。
ぜひ、今後、英検やTOEIC等に積極的に取り組んでいってほしいと思います。
 
 
ざっくりと、各学年に必要なことを記述しましたが、、、
いずれにせよ
この夏がみなさんの将来を占う重要な時期になる
ということです。
 
高校3年生は覚悟を決めて
高校1・2年生の皆さんも、今やるべきことを考え

この夏休みの比較的多くある時間を有効に使っていきましょう!

 

 
もっと詳しく聞きたい人はぜひ東進ハイスクール町田校のスタッフまで話しかけてくださいね!
具体的なデータ等も用いながらお話させてもらいます!
 
現在、高校1・2年生対象に夏期特別招待講習を行っています。
大学受験の知識を深めていただくためにもぜひこの機会に夏期特別招待講習を申し込んでみませんか?
 

スタッフ一同お待ちしております。